引成とは 引け成りとは

引指注文とは、

 

文字通り「引け」で「成行」注文を行う注文方法です

 

株式市場では現在、昼休憩を挟み「前場」と「後場」と取引時間が2回に分けられていますが、「引け」とは、その各場の終値が決定される最終売買が行われる時のことです。

株式市場の取引時間は昼休憩を挟み「前場」と「後場」の2回に分けられている。
前場と後場のそれぞれの終値が決定される最終売買を引けと呼ぶ
その引け限定で成行注文を出すことを引成注文(引け成行)と呼ぶ

参考ページ「株の取引時間は?

 

通常の「成行」注文は取引時間中であれば、注文を出した直後に市場に発注されますので、相手方(買い成行注文を出した場合は売り方)がいれば通常はすぐに約定します。

 

しかし、引成注文を行うと、終値が形成される最終売買が行われる「引け」の時点になってようやく「成行」注文が発注されます。

 

ですので、(出来高と注文数がある程度あればほぼ約定しますが)約定すれば終値で売買(約定)することになります。
(感覚的には終値で約定されるという感じですが、正確には引成注文が約定される引けでの売買価格が終値となるのが正しいです。)

 

引指の注意点

 

ただ、引成注文をする場合の注意点が2点あります。

 

1点目は注文をするタイミングについてです。

 

株式市場は現在、昼休憩を挟み前場と後場がありますが、前場引けまでに引成注文を出した場合、約定するのは前場の引け(前引け)で、前場引け後から後場引け後までに注文した引成注文が約定するのは後場引け(大引け)となります。ですので、前引けまでに、後場引け(大引け)に約定させる引成注文を出せません。

 

「引け」というと、その日の取引が引ける後場引け(大引け)を指す場合が多いので、引成が前場引けで約定されるとは知らず、勘違いされる方がいますので注意が必要です。

 

もう1点は、まれに約定しない場合がありますということです。

 

通常引成注文はほぼ約定できるのですが、出来高が少ない銘柄やリーマンショック時のように株価の動きが激し過ぎるときは引けで売買が成立できない場合があります。この場合は引け直前の約定価格が終値となり、引成注文は無効となります。
さらに、引成注文が約定しなかった場合、注文は無効になり取り消されますので、また注文したい場合は注文し直さなければいけません。

 

引成の問題点

 

終値(引成注文が約定する株価)が直前の株価から大きく動く(飛ぶ)場合があります。

 

貴方の引成注文を含めた引成注文が買いか売りのどちらかに大きく偏ってしまった場合、引け直前の株価と大引けの株価に差が出る場合があります。(厳密には、引成注文の数に加えて、引指注文と、通常の指値注文の数も終値に影響を与えます)

 

例えば、買いの引成注文が売り注文よりはるかに多い場合は、買いたい人の方が多いということなので終値が直前の株価より高くなってしまいます。直前の株価は100円だったのに、引けてみれば終値が103円で、引け直前で売買するよりも3円も高く買うことになってしまったということも出来高が少なければ少ない銘柄ほど十分ありえます。逆に思ったより安く買える場合もあるでしょう。

 

何が言いたいかといえば、当然のことですが終値は引けてみるまで分からないということと、終値はその直前の株価から一気に飛ぶ場合があるということです。

 

引成は、前場の終値や後場の終値で売買したい人に便利な注文方法ですが、上記の注意点や問題点についても事前に理解しておく必要があります。

ほとんどの方が次のページも見ています。
指値注文とは
成行注文とは
引指注文とは


 このエントリーをはてなブックマークに追加  follow us in feedly 
トップへ戻る