株はいくらあれば買えるの?

株はいくらあれば買えるの?

株ってお金がかかりそうなイメージがありますよねー。

 

でも、こんな僕でも投資家気分で株の売買をしているんですから、意外と少額で有名企業の株主になれます。
有名企業を例にしていったいいくらで買えるか見ていきましょう。
(売買に係る手数料は含んでいません)

 

 

銘柄名(証券コード)

必要最低金額

銘柄名(証券コード)

必要最低金額

トヨタ自動車 7203

714,200

NTTドコモ 9437

264,450

ホンダ自動車 7267

373,400

ソフトバンク 9984

878,900

ソニー 6758

517,300

ユニクロ 9983

4,184,000

ヤフー 4689

50,700

吉野家 9861

192,900

楽天 4755

92,000

資生堂 4911

634,200

三菱UFJ銀行 8306

77,290

任天堂 7974

4,584,000

野村証券 8604

65,630

日本郵政 6178

130,300

必要最低金額が高い会社が良い会社で低い会社が悪い会社ではありません。

この上の表は2018年2月15日の株価をもとに作成しました。株価の変動で最低購入価格も変わりますので、今日時点での必要最低金額を知りたい方は最新の株価をお調べ下さい。

 

こういった感じです。
楽天、三菱UFJ銀行(三菱MUJフィナンシャルグループ)や野村證券(野村ホールディングス)は10万円以下で買え、株式投資としては比較的お手頃な結構購入金額になっています。

 

ということで、

10万円あれば、有名企業の株を買えます。
30万円あれば、買える有名企業の数もぐんと増えます。
50万円あれば、よりどりみどりの選び放題です。2銘柄以上買えます。
100万あれば・・・僕に年5%で貸してください(^з^)

というのは冗談で、100万円も投資資金があれば、ほとんどの有名企業の銘柄を買えますし、何銘柄かに分散して投資することもできるでしょう。

 

東京証券取引所は、株価が高くなりすぎたら株式分割などで50万円あれば株を購入できるように対策をするようにと以前から上場企業に言っています。ですので、多くの銘柄は50万円あれば買えるくらい程度になっています。

 

参考ページ
株式分割とは

 

たとえ多くの投資資金があっても、初めは損をして教訓を得て学ぶことも多いですから、余裕資金で少額から始めた方が良いと思います。

 

参考ページ
これから投資を始める方へ大切な心構え
株式市場は世界で最も激しい戦場のうちの1つだ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  follow us in feedly
page top