ストップ高とストップ安その1

ストップ高とストップ安その1

2018年3月24日更新

 

株価の急激な変動は、市場の混乱を招くとともに投資家に予想外の損害を与える可能性があります。

 

それらを避けるために、1日の値動きの幅に制限を加えています。

 

その制限値幅上限まで株価が達することをストップ高といい、
反対に制限値幅の下限に株価が達することをストップ安といいます。

 

ストップ高とストップ安

 

上の図の場合、前の日の株価が500円なら、次の日の値幅(株価が動ける幅)は上下100円と決まっているので、いくら上がってもその日は最高で600円までなので600円より上には上がりませんし、反対にいくら下がってもその日は400円より下には下がりません

 

この例の場合、600円まで上がることをストップ高、400円まで下がるということをストップ安といいます。

 

ちなみに、このストップ高とストップ安というにはFXにはない仕組みです。

 

参考のために一日の制限値幅を見ていきましょう。
いくら動けばストップ高とストップ安になるのか(1日にいくら動くことが出来るのか)が株価ごとに分かる一覧表です。

 

基準値段(前日の終値)

制限値幅

 

100円未満

30円

100円以上

200円未満

50円

200円以上

500円未満

80円

500円以上

700円未満

100円

700円以上

1,000円未満

150円

1,000円以上

1,500円未満

300円

1,500円以上

2,000円未満

400円

2,000円以上

3,000円未満

500円

3,000円以上

5,000円未満

700円

5,000円以上

7,000円未満

1,000円

7,000円以上

10,000円未満

1,500円

10,000円以上

15,000円未満

3,000円

15,000円以上

20,000円未満

4,000円

20,000円以上

30,000円未満

5,000円

30,000円以上

50,000円未満

7,000円

50,000円以上

70,000円未満

10,000円

70,000円以上

100,000円未満

15,000円

100,000円以上

150,000円未満

30,000円

150,000円以上

200,000円未満

40,000円

200,000円以上

300,000円未満

50,000円

300,000円以上

500,000円未満

70,000円

500,000円以上

700,000円未満

100,000円

700,000円以上

1,000,000円未満

150,000円

1,000,000円以上

1,500,000円未満

300,000円

1,500,000円以上

2,000,000円未満

400,000円

2,000,000円以上

3,000,000円未満

500,000円

3,000,000円以上

5,000,000円未満

700,000円

5,000,000円以上

7,000,000円未満

1,000,000円

7,000,000円以上

10,000,000円未満

1,500,000円

10,000,000円以上

15,000,000円未満

3,000,000円

15,000,000円以上

20,000,000円未満

4,000,000円

20,000,000円以上

30,000,000円未満

5,000,000円

30,000,000円以上

50,000,000円未満

7,000,000円

50,000,000円以上

 

10,000,000円

 

上の表から分かるように、

例えば前日の終値が100円の銘柄の値幅は上下30円となります。

 

ですので、この場合は1日で30円を超える上昇・下落はありません。

 

ストップ高・ストップ安というのは値幅制限まで株価が上昇または下落した状態のことを言いますので、上の例えでは、ストップ高は130円でストップ安は70円となります。

 

ストップ高まで株価が上昇するということは株価が高くても買いたいという人が、売りたい人よりとても多い状態を示しています。

 

ストップ安はその逆で、株価が昨日より相当安くても売りたい人の方が買いたい人より圧倒的に多い状態を示しています。

 

ストップ高は買いたい人が殺到している状態

ストップ安は売りたい人が殺到している状態

 

ストップ高というのは、買いたい人が殺到している状態ですので、値幅制限いっぱいの値段(ストップ高の株価)で買い注文を出したとしても、買いたい人がとても多く、売りたい人の方が少ない状態ので全員が買える状態ではありません。

 

「ねるとん」でいうと(古いって?)、自分が告白しようとして「ちょっとまったぁ~」と他のライバルも参戦してきた状態です。
買い手(告白する者)が複数いた場合、残念ながら必ず最低一人は振られる(買えない)ことになります。
(ねるとんだと全員振られるなんてこともありますが・・・というか例えが古すぎますが)

 

この例えじゃわかりにくいという方はヤフオクのようなオークションを想像してみて下さい。

 

オークションの場合、買いたい人同士が競り合えば競り合うほど、どんどん値段が上がっていきます。「1万円で買います!」「じゃ私は11,000円で!」「それなら僕は12,000円!」というように。

 

オークションなら値段の上限がなく、何億でも出せるという人が2人いれば、予想以上に高い値段が付く場合があります。

 

しかし、株の場合は1日に上がる値段の上限が前の日の株価ごとに決められています。

 

ですので、売りたい人が1人しかいなくてその日の一番高い値段になるストップ高で買いたい人がたくさんいても、売りたい人が一人しかいないため一人しか買えません。オークションのようにストップ高以上の値段まで上がっていって最高価格を入札した人を選ぶこともできません。そうなった場合株ならどうするのかといえば、比例配分という方法を取ります。

 

株の場合は比例配分といって、証券会社からの注文株数の割合に応じて、数少ない売り注文を各証券会社に配分し、 さらに各証券会社が買い注文を出していた顧客に割り当てます。

 

「ちょっとまったぁ~」状態ですので、買い注文は成立しない場合や、3000株注文していたのに1000株しか売買成立しなかったなんて事も多いです。
(買い注文枚数と売り注文枚数との差がどれでけあるかにも寄りますが)

 

1000株注文するより1万株注文する方が、自分に比例配分される可能性が高くなりますので ストップ高している銘柄は引け(取引終了の午後3時)間際になると、比例配分狙いで買い注文が何倍にも膨らみます。

 

ストップ高とストップ安の説明は以上です。

 

そのストップ高とストップ安ですが、特例として今回説明したストップ高・ストップ安の値幅制限が2倍に拡大されることもあります。
それについては次回解説したいと思います。

 

ストップ高とストップ安その2制限値幅の拡大

 このエントリーをはてなブックマークに追加  follow us in feedly
page top