証券口座を開設しよう

 

口座開設の簡単な流れ
(口座の開設・維持に費用はかかりません。銀行口座と同じ感覚です)
① 資料請求
② 書類の記入
③ 書類の返送
④ ID・パスワードの通知
⑤ 投資資金の入金
⑥ いざ、取引開始

 

補足:良くある質問  

質問:証券会社の口座は何社でも作ってもいいのでしょうか?
何社でもOKです。ただし、証券会社1社につき1人1口座までです。

 

口座開設も維持費用も無料なので、私も10社以上で口座を作っていますが実際使っているのは2,3社だけです。

 

それでは口座開設方法を順を追って詳しく見ていきましょう

口座開設の際、免許証などの身分証明書のコピーが必要だったのですが、現在はマイナンバーの提出も必要になっています。ですので、現在口座開設のためには、マイナンバーカードがマイナンバーカードが記載された住民票が必要となります(2018年2月13日現在)

おすすめ証券会社
証券会社のHPには必ず「口座開設資料請求」というページがあります。

 

①資料請求
証券会社のサイトの口座開設資料請求のページで名前や住所を入力して資料を請求します。

 


②書類記入③書類返送
2,3日すれと「口座開設申込書」が送られてきます。それに必要事項を記入・捺印し身分証明書(免許証のコピーなど)を同封して送り返します。 記入ミスなどは訂正印を押して修正します)

 


④IDとパスワードの通知
書類返送後数日すると、口座番号(ID)・パスワード・振込先が書かれた書類が送られてきます。これで口座開設完了です。 不備があれば、③に戻り、訂正し送り直す必要があります。それだけで1週間以上口座開設が遅れますのでお気をつけ下さい。

 


⑤投資資金の入金⑥いざ、取引!
あとは、振込先に自分が株に投資したいだけの金額を振り込めば株式デビューの準備完了です。

 

ネット証券の多くはリアルタイム入金といって、証券会社のログイン後のページで自分の銀行口座から瞬時に振り込めるサービスがあります。

 

普通にATMやインターネットバンキングから振り込んでも証券会社が入金を確認するのに早くて30分はかかりますし、場合によっては手数料も発生します。

 

一方、リアルタイム入金は振り込み手数料が無料で即時に入金が反映されるので、時間と費用両面でお得です。

 

リアルタイム入金で使える銀行は、東京三菱みたいな都市銀行でもOKな証券会社はありますが、やはりどの証券会社でも利用できる住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行、楽天銀行がオススメです。

 

SBI証券のリアルタイム入金画面
証券口座を開設しよう

 

GMOクリック証券のリアルタイム入金画面
証券口座を開設しよう

 

それでは次のページで売買方法を説明していきます。

 

次ページ 株の売買注文方法


 このエントリーをはてなブックマークに追加  follow us in feedly 
トップへ戻る