指値注文とは-1から始める株式投資

指値注文とは、

 

買いたい(売りたい)値段を指定して注文する方法

 

ですので、指値をした値段より悪い条件で約定(売買が成立)することはありません。

 

逆に言えば自分の出した条件(指値株価)に達するまでは、いつまでたっても売買は成立しません。

 

例えば100円の買い指値注文を出したとしたら、 101円以上で注文が成立されることはありません。
ということは100円以下で売りたい人がいない限り買うこともできません。

 

101円以上でもよいから今売りに出されている注文の中で一番安いもので買いたいという場合は成行注文を出しましょう。

 

また、現在の株価が98円で99円の売り指値注文が出ている(99円で売りたいと指値注文を出している)場合に、100円の買い指値を出せば、99円の売り指値注文にぶつけられますので、100円ではなく99円で買うことができます。(ただ指値注文は注文時間が早いものから順に約定されますので、貴方が100円の指値注文を出すよりほんの一瞬誰かが先に買い注文を出していたら、99円の売り注文を先にすべて喰われてしまい、99円で買えずはなく100円で買えないという場合もありえます)

 

さらに指値注文には早い者勝ちの時間優先の原則がありますので、自分が100円の買い指値注文をする前に、100万株の100円買い注文がすでにあるなら、 自分の注文は先に注文を出されている100万株の後に約定されることになります。

 

また取引時間外で指値注文を出した場合は、次の営業日の始値が自分の条件より良い場合は始値で自分の注文も成立します。
例えば100円の買い指値注文をしている場合は、始値が99円以下だった場合は99円の始値で必ず約定。
101円以上の場合は、寄付きでは約定せず100円の売り注文が出てくるまで未約定という形になります。

 

指値注文のまとめ

 

メリット

買いたい(売りたい)価格で確実に売買できる
自分の出した条件より悪い価格で注文が成立することが無い

 

 

デメリット

自分の出した条件(価格)で売ってくれる人がいなければ、いつまでたっても売買は成立しない

 

次は成行注文についての解説です。

ほとんどの方が次のページも見ています。
成行注文とは
引指注文とは
引成注文とは


 このエントリーをはてなブックマークに追加  follow us in feedly 
トップへ戻る