自分のミスを正当化しない

あなたは自分の判断とは裏腹に買った株が下がり始めたとき、自分の判断ミスを認めてすぐに損切りできていますか?ちなみに私は出来ていません(笑)

 

ミスを認めてすぐに損切りするのはとても勇気のいる行動ですが、売買の回転数が多いデイトレにおいて損切りの遅さは致命的です。投資家生命に関わる重大な欠点です。

 

僕のように、損切りをすぐにできないのは何故なんでしょうか?そこには、判断ミスを正当化している自分がいるんじゃないでしょうか?

 

自分の判断とは反対の方向に株価が進んでいるのに、まだ株を持ち続けるということは、そこには「まだ自分の判断は間違っていない」という心境や「そろそろ反発するかもという」期待が存在するはずです。

 

買った株が下がり始めているということは、少なくても一度は判断ミスを犯しているわけです。それでもなお自分を正当化していくためには、更に自分の判断が正しいと思える自分にとって都合の良い情報を仕入れてくることになります。

 

市場には、自分の判断にとって良いニュースも悪いニュースもたくさん存在します。自分に都合のいいニュースにだけ向き合って、都合の悪いニュースから目をそむけることも簡単にできます。

 

自分の判断とは反対の方向に株価が進んでいるときにまずやってしまう、ダメダメ正当化として考えられるのは(というか僕の実体験ではw)

 

四季報や個別銘柄のニュースを見てしまう

 

目先の株価の幅を獲るために買ったのに、業績の伸びや将来性やこの会社がいかに優良な会社であるかなどを調べてしまいがちです。

 

デイトレードでは必要の無い長期投資目線を持ち込んできてしまっています。
「よしっ!この会社は今期も来期も大幅増益だ!」←よしっ!ではありません(笑)

 

そもそも、買うときにはそんな情報で買うと判断したわけじゃないんですから、やっていることに一貫性がなくなってしまいましたから、トレードとしてはこの時点で間違いを認め損切りをすべきタイミングです。

 

僕も持ち株が下がり始めたときは、助けを求めるかのようにニュースと業績を見に行っては損切りしない自分を納得させてしまいがちですが、これは本当に危険です。

 

目先の値動きは、業績や将来性よりも買いと売りの需要と供給で株価が動く場合が多いですので、下がっているときはニュースを見ないというくらいの強い意志があってもいいと思います。

 

勝率が100%の投資家はいません。もちろん勝率を上げることや、平均損失額より平均利益額が大きくなるように努力を続けていかないといけませんが、凄腕のトレーダーであっても勝った負けたを繰り返してトータルでプラスに持っていくという考えには変わりはありません。

 

ですので、誰だって負けることはあります。その負けた時にきちんと負けを認めて損切りできるか、負けを認めず損切りしない自分を正当化するためにニュース探しに時間を費やすかの違いはとても大きいと思います。

 

間違った自分、失敗した自分を正当化せず、失敗を認め気持ちを切り替えて次のトレードチャンスを待つ。

 

これがとても重要な事だと思います。


 このエントリーをはてなブックマークに追加  follow us in feedly 
トップへ戻る