定住なら土地がもらえる町






 北海道東部の標津町が、定住希望者に宅地を無償提供する事業を2006年度から始める。07年から団塊の世代の大量退職が始まることをにらんだ新政策で、担当者は「定住者を歓迎したい」と話している。
 無償提供する土地は町有地で、3年以内に住宅を建てれば所有権を移転するが、定住者は建築後5年間転売や貸与はできない。1区画は約400−450平方メートルの予定で、06年度は28区画を分譲、応募状況に応じてさらに30区画を造成することも計画している。
(共同通信) - 2006年3月8日17時25分更新



  デイトレード・株式投資マニア TOPに戻る