オーストラリア生活

僕も毎回使っています。オーストラリアの観光ビザ(ETAS)を格安で取得するならここ


はいさい、ゴールドコーストのち沖縄で移住生活をしているシスヤです。

観光でオーストラリアに行く際に必ず要る「観光ビザ(通称ETAS イータス)」ですが、オーストラリア政府移民局のホームページから申請すると20オーストラリアドル(約1,700円 2018年5月現在)かかります。
 

旅行会社にお願いするともっと高いかもしれません。

 

しかし、ネットを「ETAS 格安」と検索すれば、オーストラリア政府移民局で申請するより安く申請できる業者さんがたくさん出てきます。

 

どこで申し込んでも、同じビザが取れるのですから、実績があって値段も安いに越したことはないですよね。

 

申請料も自分一人分だけならたいしたことがないかもしれませんが、我が家の場合、家族4人申請することになるので申請料が例えば一人1,000円安くなれば、かなりの無駄な支出を抑えることができます。

 

ということで、僕自身も観光ビザ(ETAS)申請が必要な度に使っている、格安で実績のある「ETAS申請代理業者」さんを紹介させていただきます。

今回の紹介記事は、広告でも何でもありません。僕の大好きなオーストラリアに行こうとされている皆さんにぜひ知ってもらいたいという理由で、自分が実際使っている業者さんを(頼まれてもいないのに)紹介するという純粋な紹介記事です。

観光ビザ(ETAS)とは

オーストラリア観光ビザETAS

 


観光ビザ(ETAS)の有効期限

ETASは、取得後1年間有効です。

ただし、パスポートの有効期限が1年未満の場合、そのパスポートの有効期限日までがETASの有効期限となりますのでご注意下さい。

 

観光ビザ(ETAS)の最長滞在期間

ETASがあれば1度の入国で最大3ヶ月滞在できます。

また、ETASが有効な限り、何度でも出入国できます。

2度目の入国であっても、その入国日からもう一度最大3ヶ月滞在できます!

 

僕も毎回使っているETAS格安代理申請業者

ビューグラント(View Grant)

僕が毎回利用している格安ETAS代理申請業者は「ビューグラント View Grant」です。

オーストラリア観光ビザETAS

 

料金は人数と出発までの日数によりますが、税抜で390円~500円です。

 

オーストラリア政府移民局でオンライン申請をすると20豪ドル(約1700円)必要なので、まったく値段が違います。

 

我が家の場合、一人1,150円安くなったとなると4人で4,600円の節約になります!

ビューグラントの申請料金

では、申請料金を細かく見ていきましょう。

 

大きく分けると下の表の上から3つのパターンに分かれます。

 

申込時の状況 料金(税抜)
1.出発まで1ヶ月以上ある方で、同時に5名以上申請する方 390円
2.出発まで1ヶ月以上ある方で、同時に申請する方が4名以下の場合 450円
3.出発まで8日以上ある方 500円
4.出発日の前々日の15時までのお急ぎ優先対応 1,500円
5.4よりも出発まで時間がない場合 緊急対応サービス(申し込みは電話のみ) 3,620円

 

通常であれば(税抜)390円、450円、500円でETASを申請できます。

 

このビューグラントは、口コミを見れば分かるように実績は十分です。僕も3回利用しましたが、メールでの問い合わせの返信も丁寧でしたし、全く問題がなくスムーズにETASを取ることができました。

 

でも、ビューグラントの料金を見て次のような疑問を持つ方がいるかも知れません。

 

政府移民局で申請すると20豪ドルなのに、ビューグラントだと何故500円でETASを申請できるの?

そりゃそうですよね?普通に考えるとおかしな話です。

 

僕も疑問に持ちました。そして初めて利用する時は騙されてもいいやと思って申請しました(笑) 

 

その点についてもビューグラントはきちんと説明しています。気になる方は読んでみて下さい。

 

ETAS取得が500円の理由/ビューグラント

 

ネットで「ETAS 格安」で検索すると、オーストラリア政府移民局で申請するより安い(20豪ドル=1700円)より安い業者はいくつも出てきますので、ビューグラントの説明で間違いはないのでしょう。

 

まとめ

僕は、他の格安業者を利用したことがなくて毎回ビューグラントで申請しているのですが、いつも気持ちよく申請しETASを取得できています。

 

ツアー旅行を申し込まれた方は、旅行会社さんが無料でETASを申請してくれるかもしれませんし、逆に高い追加申請料金が必要かもしれません。

 

また、自分で航空券を買って旅行に行く方はETASも自分で取得しておかなければいけません。航空会社がETASを取っていますか?と事前に聞いてくれることなんてありません。

 

自分で取得しないといけない場合、または高い料金を支払わなければ旅行会社が申請してくれない場合、「ビューグラント」でETASを取得されることをおすすめします。

ビューグラント View Grant

※繰り返しになりますが、これは広告ではありません。僕の大好きなオーストラリアに行こうとされている皆さんにぜひ知ってもらいたいという理由で、自分が実際使っている業者さんを(頼まれてもいないのに)紹介するという純粋な紹介記事です。
あわせて読みたい
オーストラリアに滞在したい!自力で取れるビザはこれだはいさい、ゴールドコーストのち沖縄で移住生活をしているシスヤです。 我が家は2015年12月から1年2ヶ月オーストラリアのゴールドコー...
あわせて読みたい
【領収書公開】オーストラリアの現地公立校の授業料/家族留学 ※オーストラリアは州ごとに「小学校入学の年齢」や「授業料(オーストラリア国民、永住者は無料)」が異なります。 今回はゴールドコース...
あわせて読みたい
【検証】カンタスvsジェットスター!11歳以下の子供が2人いるならジェットスターよりカンタスの方がお得ゴールドコーストのち沖縄で移住生活をしているシスヤです。 子供が二人いる我が家はオーストラリアに行くときは最近カンタス航空ばかりです。...

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で