買いチャンスはここだ。直近高値のブレイクを見逃してはいけない


デイトレに限らず100%成功する買いタイミングというのはありません。

ですので、 どんな上手い投資家でも勝率100%を記録できる人はいないでしょう。売買が上手な人は完璧に勝つのではなく、勝率が高い投資法や買いタイミングといった優位性の高い売買パターンを自分の武器にしているんです。

デイトレの場合、1回の取引での利益率は小さいものの、それを数多くこなし利益をコツコツ積み上げていくのが一般的な投資方法ですので、 少しの値幅でいいので買った直後に上に上がってくれる可能性が高いタイミングを知り、それを探し出して売買するのが勝率&成績アップへの王道となります。

その買いタイミングの中で最も基本的なものが、『ブレイク買い』です。

場中にティックチャートや分足チャートを見ていれば、色々な節目が見えてきます。

私が実際に利用しているブレイク買いを中心に説明していきたいと思います。

1.直近高値のブレイク

直近の高値というのは、一度その株価で上昇に『待った』をかけられ頭を打って下げたということですので、跳ね返された壁、つまり『抵抗線』として意識されます。

ですので、直近の高値に再び接近したとしても、抵抗線にはそれを意識した多くの売り物がある場合が多いです。

その抵抗線を下から上にブレイクするということは・・・それだけ買いのエネルギーが大きいということですよね。

まずは、下のチャートを見てください。


左下のほうにある赤色の丸印が直近の高値をブレイクしたところです。直近の高値に加え今日の最高値も更新しているので、特に買いエネルギーが大きかったのかその後一気に上昇してますね。

その後も上下に波を打ちながら、次々と直近の高値を更新していますが、ブレイクしたとしても2~3円の高値更新程度にとどまっているのが多く、中には一瞬ブレイクしてすぐに下げに転じる場面も見ることができると思います

この事からも分かるように、直近高値のブレイク買いも100%勝てるわけではありません。比較的勝率が高い買いタイミングであるということだけです。どの買いタイミングにおいてもだましがあることを理解しておくことも重要です。

私は楽天証券のマーケットスピードのランキング情報を使っています。

あわせて読みたい
VWAPブレイク デイトレの買いタイミングを見つけるVWAPブレイク デイトレの買いタイミングを見つける デイトレに限らず100%成功する買いタイミングというのはありません。 ですので...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で