VWAPとは(ティックチャートとVWAPを使いこなそう)


VWAPとは(ティックチャートとVWAPを使いこなそう)

デイトレードで利用する頻度の高いチャートの一つにティックチャートですが、そのティックチャート上でとても重要なVWAPについて説明していきます。

ティックチャートの説明はこちら(ティックチャートとは

VWAPとは

VWAPとは、「Volume Weighted Average Price(売買高加重平均価格)」の略で、(売買が成立した価格)×売買成立株数を全取引分求め合計し、出来高で割ったもので今日の平均売買価格を表しています。

株価がVWAPを上回っている状態では、今日買った人全員の損益を合計したらプラスで、逆に株価がVWAPを下回っている場合はマイナスということになります。

ですので、株価がVWAPを上回っている状態で、さらに前日比プラスのときは、デイトレ視点から見れば強含みで、今後も堅調に推移する場合が多いです。

逆に、株価がVWAPを下回っているときは、全体的に弱含みで引け(15時)に近づくに連れデイトレーダーや機関投資家の処分売りが出て、さらに下げる場合がよくあります。

VWAP

 

 


さらにVWAPには重要な働きがあります。

 

上のチャートを見てください。ピンクの曲線であるVWAPで株価は何度か反発したり反落したりしていますよね。

このことからも分かるように、VWAPは支持線や抵抗線として機能する場合があります。

株価がVWAPより上で推移している場合は下げたとしても、VWAPで反発する場合が良くあり(支持線としての役割)、株価がVWAPより下回っている場合はその逆でVWAPで上昇が止まる場合があります(抵抗線としての役割)

というように、VWAPは1つの節目と考えられていますので、VWAPを株価が下から上に突き抜く、または上から下に抜けた場合は、1つの大きな節目を抜いたということで、その方向に動く強いエネルギーがあると捉え『売買のタイミング』であるということになります。

VWAPが表示されたティックチャートを利用できる証券会社はここ!
楽天証券


楽天証券のリアルタイム株価更新ツール『マーケットスピード』ならVWAP付きのティックチャートがいつでも見られます。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で