GMOクリック証券 一般信用取引手数料が誰でも無料になるキャンペーンを実施 2018年12月28日まで


2018年8月20日(月)から一般信用取引の売りサービス(短期・無期限)の取り扱いを開始するGMOクリック証券は、開始に合わせて一般信用取引の買いと売り両方の手数料を無料にすると発表しました。

GMOクリック証券も8/20(月)より一般信用売りサービスの取り扱いを開始 GMOクリック証券が2018年8月20日の取引より新たに、一般信用取引の売りサービス(短期・無制限)の取り扱いを開始します ど...

GMOクリック証券一般信用手数料無料キャンペーンの詳細

一般信用手数料無料キャンペーンの詳細

対象者:信用取引口座開設している人全員(口座開設キャンペーンじゃありません。全員です)

対象取引:一般信用取引の買いと売りの両方

対象外取引:コールセンターからの注文、強制決済、制度信用取引

制度信用取引と一般信用取引の違い 信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類がある 信用取引には次の2種類があります。 「制度信用取引」 ...

一般信用取引の売りサービスは逆日歩が発生しないため、株主優待目的の人を中心に人気のあるは人気があります。

一般信用取引と制度信用取引の金利と貸株料をチェック

では、GMOクリック証券の一般信用売りサービス(短期・無期限)の内容を見ていきましょう。

 制度信用取引一般信用取引
買建売建買建売建
取扱銘柄制度信用銘柄
(売建は貸借銘柄のみ)
全銘柄
(新規売は貸借銘柄のみ)
返済期限半年無期限短期または無期限※銘柄ごとに期日が異なる
手数料選択した手数料プラン(1約定ごとまたは1日定額プラン)
金利(年利)2.75%(通常)
1.9%(VIP)
0%3.0%0%
貸借料(年利)なし1.10%なし短期3.85%
無期限1.45%
逆日歩なしありなしなし
名義書換料ありありなしなし

一般信用取引の買い保有時に発生する金利は年率3.0%、売り保有(空売り)時に発生する貸借料は、返済期間が無期限である売建(無制限)の場合1.45%で、返済期限が3営業日~15営業日(銘柄や時期により異なる)の売建(短期)は3.85%となっています。

一般信用取引売り(短期)の注意点

手数料が格安のGMOクリック証券ですが、返済期限が3営業日~15営業日(銘柄や時期により異なる)と短い一般信用取引の売り(短期)の返済期日を過ぎてしまうとGMOクリック証券によって強制的に決済注文を出されてします。

もともと期限があるので、強制決済注文を出されるのは問題がないかも知れませんが、それ以外に大きな問題が一つあります。

強制決済された時の手数料がめちゃくちゃ高いということです。

ちなみに、GMOクリック証券の強制決済の手数料は次のようになります。

強制決済時の手数料

約定代金の1.05%(税込)(最低10,500円)

強制決済の手数料が、通常手数料とは別で高いのは他の証券会社も同じなので、GMOクリック証券が特別厳しいわけじゃないのですが、最低でも10,500円の手数料がかかります。通常手数料と比較するとめちゃくちゃ高い手数料になるので、返済期日だけは必ず気をつけて下さい。

通常の信用取引手数料は

 通常プラン(1約定ごと)1日定額(1日の約定の合計額)
通常手数料通常手数料
~10万円96円0円
~20万円140円216円
~50万円183円
~100万円259円432円
~200万円864円
~300万円1296円
300万円超
(100万円ごとに加算)
432円加算

信用取引の通常手数料は上の表のようになっています。

小さい代金を1日に数多く売買する人向けで、1日の約定合計金額により手数料が決まる「1日定額」と、小さい代金を1日に数多く売買することがない人向けに1約定ごとに手数料が決まる「通常プラン」があります。

通常プランをはじめ、手数料は業界最低水準です。

ちなみに、手数料が一番安い証券会社はライブスター証券です。

上記の一般信用取引にかかる手数料が12月28日までの約4ヶ月半の間、誰でも無料になります。

これは新規口座開設キャンペンではありませんので、信用口座をすでに開いている人でも12月28日までならずっと無料です。

つい先日、一般信用取引の売りサービスを開始するとアナウンスされたばかりで、一般信用取引の売りサービスを待ち焦がれていたGMOクリック証券ユーザーの喜びの声が聞こえていましたが、開始直前になり手数料無料のお知らせまで来るとは、2回続けて嬉しいサプライズがやってきました。

当社は、今後も業界最安値水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。

GMOクリック証券は言っています。

手数料の安さが売りで、僕も長い間使わせてもらっていたGMOクリック証券には、楽天証券松井証券のように約定代金によっては金利や手数料が無料になる「一日信用」を筆頭に、どんどん、良い商品とサービスを取り入れていってもらいたいです。

1.GMOクリック証券
GMOクリック証券はの公式サイト

SMBC日興証券立花証券e支店信用取引の手数料が誰でもいつでも無料です。

立花証券「e支店」口座開設


ライブスター証券・・・手数料最安値証券会社。口座開設後約2ヶ月(40営業日)の間、現物・信用・先物オプションの手数料が無料になります

楽天証券・・・管理人が10年以上愛用しているマーケットスピードは絶対のおすすめ。口座開設しておくべき証券会社です。

SMBC日興証券・・・だれでもいつでも信用取引の手数料が無料です。

SBI証券・・・口座開設数ネット証券No.1 業界トップの証券会社です。