株ー初心者

株式分割とは


株式分割とは

ライブドアの株式分割のおかげで一時世間に知れ渡りました株式分割という言葉ですが、このページでは仕組みを説明していきます。

株式分割とは、現在発行されている株を分割して、株の数を増やすことを言います。想像しにくい方は、お金の両替と要領は同じだと思ってください。

1万円を1000円札10枚に両替するのと同じように、株式分割は1株を最大5株に分割(両替)できます。(ライブドアのような100分割は今では規制されて最大5分割になりました)

例えば株価が10万円の株を2分割(別の表現では1:2分割)すれば、分割後の1株の価値は通常5万円になります。

 

 


だから、分割をしたからといって企業の業績や財務には何も変化はありませんし、保有している投資家にとっても資産価値が上がるわけでも下がるわけでもないんです。

じゃあ、何のために株式分割をするの?ってことになりますよね。別にしなくてもいいやん!と思うのも当然だと思います。

企業の営業活動にとっても、投資家の資産価値にも何の変化も与えない株式分割ですが、次のようなメリットと特徴があります。

1株あたりの値段が下がるおかげで買いやすくなり、売買する人が増える

投資家側からすれば、買いたいけど今までは株価が高すぎて買えなかった株が、1株あたりの株価が下がったおかげで買えるようになります。

逆に企業側は株価を下げて株を小分けにすることで、より多くの投資家に株主になってもらえます。

これはケーキで考えていただければ分かりやすいと思います。


このように、株式分割することで株価が買いやすい価格まで下がるので、今まで買いたいと思ってたけど買えなかった人たちが買おうと考えるようになる可能性が上がり、その株に対する需要が株式分割前より増えます。

買い需要の増加は株価上昇の一因になりますので、そういう意味では株式分割は株価をさせる理由になります。

またそれを見越して値上がり期待で株式分割上手く利用し利益を狙う人もいます。

株式分割は、企業が成長している証しである場合が多い

企業側からすれば、株式分割で株価を下げることにより新たな投資家を呼び込むことができる。これを別の視点(何故新たな投資家を読み込む必要があるのか)から逆算して考えてみましょう・・・ ⇒

⇒ 株価が高くなりすぎて、株を買ってくれる投資家が限られている。それじゃなぜ株価が高くなったか・・・

⇒ この企業の将来の業績は有望であると多くの投資家が判断したおかげで、買う人が多くなり株価が上がった。

ということは・・・・・!

そうです。将来有望ということで多くの人の買われたことによって株価が高くなった企業が株式分割しやすいんです。

東証では、個人投資家の参加を促すために投資単位を50万円以内にするようにと企業に呼びかけています。

ですので、企業は投資単位が50万円以上になった場合は、例えば売買単位が1000株なら100株や500株単位に変更する、もしくは株式分割をして投資単位を下げるよう努力をしないといけません。

下のチャートを見てください。IT関連の代表企業ヤフーのチャートです。


1997年11月4日に株式上場したヤフーは2000年のITバブルの時の異常な上昇を除けば、上場以来業績の拡大と主に株価も順調に上昇しています。

上場時のヤフーの公募価格は70万円で市場で初めて付いた値段は実は200万円なんです。

その後順調に株価は推移しているのに現在の株価は154.000円??なんで?

実はヤフーは株価の上昇と共に株式分割を頻繁に行っているんです。

上のチャートの▼印は株式分割を行ったという印です。

ヤフーは2001年を除いて1999年から毎年2回、2分割(1株を2株にする)の株式分割を行ってきました。その数なんと12回!(2006年1月現在)

上場時の1株を今まで持っていたら・・・なんと4,096株にまで増えているんです。余談ですが、上場時に200万円で1株買って今まで持ち続けていたら200万が・・・

154,000円×4,096株=6億3078万4000円

になっています。

まあ普通は途中で利獲するでしょうから、今までずっと持ち続けるのはまず不可能です。思いっきり絵に描いた餅の「たられば」の話しです(笑)

企業の成長と株式分割の関係でもう一つ有名なのはセブンイレブンですが、こちらの方も気になる方はご自身で一度お調べになってください。

このように、株式分割は株価に対して影響は(良くも悪くも無い)中立なのですが、株式分割をする企業は株価が高いというか高くなった企業≒将来性が良いと思われて買われている企業の場合が多いというのは確かです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で