ギャップアップとは


ギャップアップとは

ギャップアップとは、前日の終値より高く寄り付いて始まることを言います。

当日始値>前日終値

昨日の終値の値段では、売りたい人より買いたい人が多いため起こる現象です。

ギャップアップ



ソフトバンク(証券コード9984)の日足チャートです。

パッと見てわかりやすいところに「ギャップアップ」と記載しています。

前日の終値より高く始まっていて(その日は前日の終値近くまで下げることなく終わっている)ので、チャートに隙間ができていると思います(これを「窓を開ける」といいます)

ですので、ギャップアップのことを「上に窓を開ける」「上放れる」とも言います。

その会社に良いニュースや予想以上に良い決算などが出た場合に買いたい人の方が多くなるので、窓を開けてギャップアップしやすくなります。

ですので、大きなギャップアップが複数出るときは強い上昇トレンドの最中である場合があります。

大きくギャップアップする要因

1.好決算や好ニュースなどが出た場合

ニュースや決算は取引時間終了後に出される場合が多いです。

取引時間終了後に予想以上の決算が出たり、業務提携や新商品の発表などサプライズで突発的な良いニュースが出た場合、次の日の朝は買いたい人が多くなり、大きくギャップアップして始まることがあります。

2.為替が大きく動く

前日の取引時間終了後から当日の寄り付きまでの間に為替が大きく動けば、その分大きくギャップアップする場合があります。

輸出企業の場合、円安に動くと日本円換算で利益が増えることになるので、ドル円が円安に大きく動けば、ギャップアップし高く寄り付く場合があります。

輸入企業の場合、反対に円高に動くと安く仕入れられることになり、利益を押し上げることになるので、大きく円高に動けばギャップアップして寄り付く可能性があります。

前日のアメリカ市場が大きく上昇

日本が深夜から明け方の間に開かれるアメリカ市場のNYダウ、ナスダック、S&P500などの株式指数が大きく上がれば、次の日の日経平均株価指数もある上げて始まる可能性が高いです。

その時は、朝から買いたい人が増えますので、個別株も大きくギャップアップして始まる場合が多くなります。

ちなみに、ギャップアップの反対はギャップダウンといい、昨日の終値より安く始まることを言います。

ギャップアップ⇔ギャップダウン

あわせて読みたい
ギャップダウンとはギャップダウンとは ギャップアップとは、前日の終値より低く寄り付いて始まることを言います。 当日始値<前日終値 昨日の終値...
あわせて読みたい
ローソク足の見方 このページの目的 その時の値動きの強弱や投資家の心理が分かるローソク足の見方を少しずつ理解し投資に役立てる ローソク足の見方...
あわせて読みたい
株の取引時間は?株の取引時間は? 証券取引所の取引時間は、祝日を除く月曜~金曜の 午前9時~午前11時半・・・前場 午後12時30分~午後3時...

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で