株ってなあに?(株を所有するとは)


株ってなあに?(株を所有するとは)

株券

 


株とは株式会社が発行する「株券」のことです。

  • では、その「株券」とはいったい何なのか?
  • どういった時にその「株券」が発行されるのか?
  • 「株券」を持つとはどういうことなのか、保有するとどうなるのか?

そこがわかれば、株とは何か?

株を所有するとはどういうことなのか?ということの理解が深まってきますので、分かりにくい部分もあるかと思いますが順番に見ていきましょう。


 

ビジネスを新しく始める人や、新規事業を立ち上げるなどをして事業を拡大していこうとしたとき、経営者や会社に十分なお金があれば良いのですが、そういうときばかりではありません。

そういう時に株式会社は、資金を出して応援したいという人や企業から資金を集めることができます。

株式会社は出資を受けた代わりに株券を発行し、出資者に株券を渡します。

 

皆さんは「資本金」っていう言葉を何度か耳にしたことがあると思いますが意味はご存知でしょうか?

 

「資本金」とは、いま説明をしたように出資者がその企業に出資(投資)した資金のことです。

その時、資本金を出資したという証として企業から「株券」が発行され出資者に渡されます。

株券を持っている出資者は「株主」と言われ、出資している企業に対しては「株主としての権利」を持つことになります。

詳しい「株主としての権利」は下で説明していますが、企業の所有者は株主であります。

また、株式会社は会社の「所有と経営」を明確に分けています。

株を持っている人が会社の所有者(オーナー)であり、たとえ社長であっても株を1株も持っていなければ会社の所有権はなく、企業の所有者であるオーナーから経営を任された経営者という立場になります。

ということで、株券を持っていない会社役員は株主から経営を任されているだけで企業のオーナーではありません。

企業のオーナーである株主が、経営を任す役員を選ぶことができるので、理論上、会社の中で一番上の立場は株主となります。

雇われ店長とオーナー、どちらが立場が上かと考えると分かりやすいかもしれません。

ですので、経営上重要な事項の決定には株主のお伺いを立てなければいけません。

会社の役員が勝手に取締役会で決めることはできません。

「株主総会」という言葉をニュースで耳にすることがあると思いますが、その株主総会で経営を任されている取締役会から提案された重要な議題について株主が採決を取り決定していきます。

それも含め、企業の保有者としての株主(=出資者)の主な権利には以下のものがあります。

1.経営参加権

(株主総会に提案された議案に対して議決を行う権利)

持ち株数に応じて議決権の数(投票数)が与えられる。例)A株式会社の全株数が100株あり、そのうち5株持っていたら全投票数100票のうち5票分投票することができます。

→株数が多い者が強い世界です。全株数の50%より多い株を持っていたら多数決で負けることがないので、重要な会社の決定事項も自分の判断で決められ会社を支配することができます。

2.配当請求権

(会社から配当を受け取る権利)

企業は税金を支払った後に残る1年間の利益をどうするかを毎年決めます。

会社の手元に残しておいて事業拡大や運転資金にするだけでなく、出資した株主に配当金として利益を配分することができます。

また、配当金以外にも、自社製品をもらえたり安く買えたりできる株主優待制度を実施している会社もあり。株主優待投資法
ヤフーオークション株主優待券の出品状況(常時1万件以上の株主優待券が出品されています)

3.残余財産分配請求権

倒産ではなく財産が残った状態で事業を停止し会社が解散したときに残る財産をもらう権利。

これも最初に紹介した「経営参加権」と同じように株の保有割合に応じて残った財産が分けられます。

もし、ローソンの株を持っている人がローソンで買い物したとするとオーナーが自分の店で買い物しているのと 変わりないということを考えると株式投資も面白いですね。

株を持ち続ける限り、配当や株主優待をもらう権利を持っていることになりますので、 赤字会社の場合配当が無いことが多いですが、今後業績が拡大していきそうな企業の株を買うと株価の上昇以外に配当金の増加やや株主優待(割引優待券や自社商品など)の新設や増設なども期待できます。

ということで、配当金の過去の推移や株主優待の内容なども投資の際の重要な情報になります。

あわせて読みたい
株式投資の魅力その3 株主優待株式投資の魅力その3 株主優待 配当金以外に株主に利益を分配する方法として株主優待があります。 株主優待は内容は各社異なりますが(株...

参考ページ 株式投資の魅力その3 株主優待

ということで、株を所有するということは会社の所有者の一人になることであり、その会社の利益に対する配当(分け前)や重要な経営方針に対して、賛成や反対票を投じることが出来る議決権を手にすることになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で