株ー初心者

投資タイプ別おすすめ証券会社


投資タイプ別おすすめ証券会社

生活スタイル等により株式投資スタイルも全く変わってくると思います。

毎日相場をずっと見ながら売買するデイトレーダー、日中は仕事で場を見れないので週に何度か夜に注文を出す人、または月に数回だけ売買をする中長期投資などなど様々です。

ネットの普及で相場に参加する人も増えてきたということで、様々な投資スタイルに合わせて手数料パターンも広がりを見せてきています。

顧客のニーズに合わせられるよう証券会社も色々なパターンの手数料タイプを提供しているため選ぶ証券会社により支払う手数料額が全く違ってきます。

例えばデイトレーダーにとってはA社の手数料パターンがお得であっても、月に数回しか注文を出さない人にとってはA社よりB社の方が手数料が安いという場合が普通です。

ここ数年で手数料はすごく安くなったものの、手数料体系の多様化によかなり複雑になり、初めて投資を行う人には理解するのが難しくなってきています。

ですので、売買注文を出す頻度別に手数料がお得な証券会社を紹介していきたいと思います。

まずは基本的な料金体系を何となくでよいので理解していただきたいと思いますので、手数料についてをあらかじめ読んでおいてください。

手数料についてでも解説しているように、手数料パターンは①と②に分けられます。

②の一口注文は、1日に数多く売買する人のための実質割引サービスとなっていますので、1日に何度も売買しない人は①の手数料額が低い証券会社を選べば手数料を節約できます

基本的に注文ごとに手数料がかかるので、1ヶ月あたり注文回数で区別しておすすめ証券会社を紹介していきたいと思います。(金額はすべて税込み)

口座開設・維持に費用は全くかかりませんので、お得な証券会社にすぐに移れるようにするためにも、できるだけ多くの証券会社で口座を作っておいたほうが良いと思います。

いくつか口座開設をしてみて注文画面や株情報の使い勝手をご自身の目で触れてみて比較してから使う証券会社を決めても遅くは無いと思います。

僕自身も、注文する証券会社1社と、株情報を得るために証券会社1社を利用しています。

ちなみに管理人の私が口座を持っている証券会社は10社以上です。

デイトレーダーほど頻繁に売買しない方

楽天証券

1回の約定ごとに手数料が適用されます。成行注文、指値注文の区別はありません。
手数料表示は税込。(カッコ内は税抜き表示)

約定代金

現物取引

信用取引

5万円まで54円97円
10万円まで97円
20万円まで113円145円
50万円まで270円194円
100万円まで525円378円
150万円まで628円
3000万円まで994円
3000万円3000万円

楽天証券
上記の「超割コース」の特徴
「超割コース」は、

【1】1回の取引金額が大きい人
【2】信用取引を中心にお取引する人

に向いている手数料コースです。

特徴【1】取引金額が大きい人にメリット!現物取引の手数料上限は1,050円。
特徴【2】信用取引手数料が格安。最低手数料97円、手数料上限378円。

初回3ヶ月無料!の完全リアルタイムの自動更新機能 楽天証券のマーケットスピードは私も使っています

楽天証券


GMOクリック証券  ←信用取引手数料の安さに注目

有名インターネット企業GMO(グローバルメディアオンライン)が出資するオンライン証券が超格安な手数料を売りに新規参入!手数料の安さは一目瞭然。特に信用手数料は約定金額に関わらず100円!(1約定500万円以上の場合は無料)

現物
1注文の約定代金 手数料(税込)
~20万円 105円
~50万円 315円
~100万円 525円
~150万円 735円
~300万円 1,050円
300万円超~ 一律1,260円イートレード証券
SBI証券

ネット証券シェア1位!の名に恥じぬ情報ツールの豊富さ、携帯でももちろん注文可能。支払い手数料に応じてJALマイルがもらえたりとサービスも豊富です。デイトレード向けの手数料プランもあります。

《スタンダードプラン》
【 現物取引 】
1約定の約定代金 手数料
~10万円 145円
~20万円 194円
~50万円 285円
~100万円 511円
~150万円 611円
3,000万円まで 967円

【 信用取引 】
1約定の約定代金 手数料
~20万円 150円
~50万円 200円
50万円超 378円 ※スタンダードプラン注意事項
・1注文の約定に対し課金いたします。

《アクティブプラン》
【 現物取引 】
1日の約定代金合計額 手数料
~10万円 100円
~20万円 200円
~30万円 300円
~50万円 450円
~100万円 800円
以降100万円増加毎に 420円ずつ増加

【 信用取引 】
1日の約定代金合計額 手数料
~10万円 100円
~50万円 250円
~100万円 500円
以降100万円増加毎に 420円ずつ増加


ライブスター証券・・・手数料最安値証券会社。口座開設後約2ヶ月(40営業日)の間、現物・信用・先物オプションの手数料が無料になります

楽天証券・・・管理人が10年以上愛用しているマーケットスピードは絶対のおすすめ。口座開設しておくべき証券会社です。

SMBC日興証券・・・だれでもいつでも信用取引の手数料が無料です。

SBI証券・・・口座開設数ネット証券No.1 業界トップの証券会社です。