株ー初心者

日経平均の欠点


日経平均の欠点

日経平均株価は日本の株式市場を代表とする株式指数ですが、残念ながら欠点もあります。

普通に日経平均を利用するだけの場合、このデメリットは意識する必要は無いと思いますが、知っておいて損は無いので説明しておきます。

日経平均のデメリット

① 指数は225社の平均株価で求められているため、東証一部の全銘柄の動きを捉えられていない。
(その欠点をカバーしているということで「日経平均株価」以上に最近注目されているTOPIXの説明はこちら「TOPIXとは」)

 

② 指数は225社の株価の平均を基本として求められている(詳しい算出方法はこちら「日経平均やTOPIXとは」の下部)ので、225社の中でも株価の高い銘柄の影響力がかなり大きくなってしまう。
225社の中には1株100円の企業もあれば1株1万円の企業もあります。
(ちなみに、1株の株価が高い方が良い企業ということではありません)

日経平均の欠点②を極端な例え話しでわかりやすく説明していきます。

225社のうち220社の株価がたまたまどれも100円で、残りの5社の株価がちょうどたまたま1万円だったとします。

このときの平均株価指数は

(100円×220社+1万円×5社)÷225=320円

となりますね。

翌日株価が100円の220社の株がこれもたまたま全社1%下がって99円になりました。

一方、株価が1万円の5社の株価はどれも1%上げて1万100円になりました。

このときの平均株価指数は、

(99円×220社+1万100円×5社)÷225=321.2円

となりました。

  昨日   →     今日  
225社のうち200社の株価 100円 99円
(1%の下落)
225社のうち97.8%の220社が下落しているのに平均株価はなぜか上昇  
225社のうち5社の株価 1万円 1万100円
(1%の上昇)
平均株価 320円 321.2円 株価が高い銘柄の影響力が大きい

株価が高い銘柄の影響力が大きい225社のうち220社が1%下落して、
1%上昇したのが残りのたった5社しか無いのに、日経平均株価は上昇しています。

ですので、日経平均が上昇していても、東証一部全体では上昇銘柄数より下落銘柄数のほうが多いという場合もあります。

日経平均にはこういう欠点がありますので理解していただけたらと思います。
(これは非常に極端な例えですが、225社の株価はどれもばらばらですので、少なからずこの欠点の影響は存在します)

日経平均のデメリット説明は以上です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で