信用取引のコストは取引手数料だけじゃない。「金利」「貸株料」にも気をつけよう


信用取引に手数料を払う時代は終わりました。
信用取引手数料無料
【比較一覧】信用取引の手数料が無料になる証券会社【株】株の売買手数料はできる限り安いところじゃないともったいないですよね? 僕は株の手数料はめちゃくちゃ節約したいと思っています。できれば無...

もともと信用取引の「売買手数料」は現物取引の手数料に比べ割安ですし、最大資金の3.3倍までレバレッジを効かせて売買できるという点から、活用している個人投資家が多いですが、意識しておかなければいけないことがあります。

信用取引にかかる費用は「売買手数料」だけではないということです。

現物取引の場合、かかる費用は売買手数料のみですが、信用取引の場合、売買手数料以外に金利貸株料が必要なので注意が必要です。

貸株料はほとんどの証券会社はどこも同じですが、金利は証券会社により差があります。

手数料だけじゃなく、信用取引の場合のみ発生する金利貸株料という費用についてもコスト削減を行えば、損益の向上に繋がります。

特に、一日何度も売買をする短期トレーダーや、信用取引で仕掛けたものを長期間保有する人は金利貸株料売買手数料が安い証券会社を選ぶべきです。

金利、貸株料とは

金利とは

信用取引の最大の特徴は、資金の3.3倍までの金額を売買できることです。

通常なら、持っている資金以上の株を買いたかったら、どこかからお金を借りないといけませんよね?

まさに、信用取引も同じです。

資金の3.3倍まで株を買うことができますが、「信用取引で買う」というのは「証券会社からお金を借りて買う」という形を取ることになります。

ですので、信用取引で買ったものについては毎日金利が発生します。

貸株料とは

現物取引ではできなくて、信用取引ではできること。

それは、「空売り」です。

空売りというのは、下がったら儲かる売買方法です。

通常は、株を買って、上がったところで売れば利益、下がったところで売れば損失ということになりますので、売買の順番としては「買う→売る」ですよね。

しかし、空売りの場合は売買の順番が逆で「売る→買う」なんです。

空売りの仕組みは別ページで詳しく説明しています。

信用取引とは 信用取引と空売りの仕組み

信用取引の売り注文(空売り)は、証券会社が手配した株を借りて売るという仕組みなので、空売りのポジションを持っている間は一日単位貸株料が発生します。

金利と貸株料の計算方法

信用取引で買ったら発生する金利と信用取引で売ったら発生する貸株料は証券会社により異なります。

信用取引の手数料が完全無料立花証券e支店の金利と貸株料を使って具体的な金利と貸株料の計算方法を見てみましょう。

立花証券e支店の(買方)金利と貸株料は以下のようになっています。(2018年8月20日現在)

買方金利・・・1.6%(年利)
貸株料・・・・1.15%(年利)

これはつまり信用買いをして1年持ちっぱなしにした場合、株を買った金額の1.8%の金利が費用として発生するということです。

買方金利も貸株料の1日単位で費用が発生します

また、通常の預金や借金と同じように、買方金利も貸株料も持ってる期間分、1日単位で費用が発生します。

年利を365(日)で割ると1日あたりの利率を求められます。それに、持っている日数分を掛けたら実際に掛かる費用が計算できます。

ですので、例えば2日間持っていたとしたら金利は1.6%÷365日×2日ということになります。

ではここで、「100万円分信用買いをし、30日間持ったいた場合の金利」を求めてみましょう。

100万×1.6%÷365日=43.835616円です。これが1日あたりの金利です。

30日持っていたとすると、43.835616円×30日=1315.06円となります。

住宅ローン以外で1.8%という低金利で貸してくれるところなんてありませんし、信用取引のおかげで最大資金の3.3倍まで売買することができるので、本当にありがたいのですが、低金利とはいえ、無視はできないコストですので、信用取引でも借りたものには金利がかかるということを知っておいて下さい。

そして、手数料と同じように、できる限り信用金利が低い証券会社で売買すべきです。

買ったその日に返済しても買方金利も貸株料は必要です

銀行預金では預けて後、数分後に引き出しても1日分の利息はもらえません(もしもらえるのなら、1日中、入金、出金を繰り返したら持ち金の何十倍の金利をもらえてしまいます)ので、デイトレードのように、買ったその日に返済すれば買方金利も貸株料も必要ないと考える人がいても不思議ではありません。

しかし、信用取引においては買った(空売りした)その日に返済しても1日分の買方金利や貸株料が必要になります。

自己資金の3.3倍まで売買ができる信用取引を使ってデイトレードをしている人の中には、1日で自己資金何十倍の売買をしている人もいると思います(デイトレードの場合、返済すればまた信用余力(購入余力)が回復するので、資金を1日で何回転もさせることができます)

そういうトレードを毎日している人は、貸し方年利1.8%といえども、年間でかなりの金利を支払うことになります。

買方金利と貸株料の最安値はどこか調べてみた

 買方金利貸株料メモ
立花証券e支店1.8%1.15%信用取引手数料完全無料
SMBC日興証券2.5%1.15%信用取引手数料完全無料
ライブスター証券2.3%(1.8%)1.1%80円(税抜)手数料業界最安値
クリック証券2.75%(1.9%)1.1% 
SBI証券2.8%(2.28%)1.15%口座数No.1
楽天証券2.8%(0%)1.1%
(0%)
手数料・金利・貸株料が無料になる「いちにち信用」サービス
松井証券3.1%(0%)1.15%
(0%)
手数料・金利・貸株料が無料になる「一日信用」サービス
マネックス証券2.8%1.15% 
カブドットコム証券2.98%(2.06%)1.15% 
岡三オンライン証券2.6%2.0% 

貸株料は各社ほぼ差がありません。

一方、買方金利は信用手数料が誰でも無料の立花証券e支店が断トツの1位です。

続いてライブスター証券が2.3%で2位、ライブスター証券は信用取引手数料無料の立花証券e支店SMBC日興証券を除いた証券会社の中では手数料も業界最安値で、大口取引サービスもあり、もっともおすすめの証券会社です。

100万円信用買いして30日持った時の買方金利はいくらか

 買方金利30日間の買方金利メモ
立花証券e支店1.8%1,529円信用取引手数料完全無料
SMBC日興証券2.5%2,123円信用取引手数料完全無料
ライブスター証券2.3%1,953円80円(税抜)手数料業界最安値
ライブスター証券
大口優遇サービス
1.8%1,529円大口優遇サービスは手数料も無料
楽天証券0%0円手数料無料のいちにち信用で約定金額が100万以上の場合サービス
松井証券0%0円手数料無料の一日信用で約定代金が300万以上の場合

100万円の株を信用で買って1ヶ月持っておくと、買方金利も0.5%違うだけで424円も違ってきます。

これが2ヶ月だと848円。半年持っていると金利が0.5%違うだけで約2500円の費用負担が変わってきます。

わずかな買方金利の差も、持っている期間が長くなればなるほど、費用の差が大きくなっていくのがわかります。

信用取引で長く持っておく人は、手数料の安さより買方金利が安いところを選んだ方が安くなる場合がありますので、注意を払って下さい。

↓証券会社各社の長所や事前に知っておくべき欠点に触れながら、信用取引の手数料を徹底分析しています↓

信用取引手数料無料
【比較一覧】信用取引の手数料が無料になる証券会社【株】株の売買手数料はできる限り安いところじゃないともったいないですよね? 僕は株の手数料はめちゃくちゃ節約したいと思っています。できれば無...

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly


ライブスター証券・・・手数料最安値証券会社。口座開設後約2ヶ月(40営業日)の間、現物・信用・先物オプションの手数料が無料になります

楽天証券・・・管理人が10年以上愛用しているマーケットスピードは絶対のおすすめ。口座開設しておくべき証券会社です。

SMBC日興証券・・・だれでもいつでも信用取引の手数料が無料です。

SBI証券・・・口座開設数ネット証券No.1 業界トップの証券会社です。