株ー初心者

PBR(株価純資産倍率)とは


PBR(株価純資産倍率)とは

PBRはPrice Book-value Ratioの略で、日本語では株価純資産倍率と呼ばれています。PBRの読み方はそのままピービーアールです。

PBRとは株価が割安か割高かを判断する指標であり、PERと並び最も多くの投資家が利用する非常に重要ともいえる指標であります。

さて、PBRの算出方法ですが、

「現在の株価」

「1株あたりの純資産額」

の2つを使い算出します。とてもシンプルですね。

※「1株あたりの純資産額」=「純資産」÷「発行済株式総数」で求めることが出来ます。
※「純資産」とは、「会社の総資産から借金などの全ての負債を差し引いて残る資産」です。例えば会社を解散する場合、負債を全て返済して負債のないきれいな状態にしてから残った資産(純資産)を株主で分け合うのですが(株主には「会社が解散したときに残る財産を分けてもらえる権利」である「残余財産請求権」という権利があります 株ってなあに?(株を所有するとは)参照)、その負債のないきれな状態での資産額がいくらかというのが純資産であり、株主からすれば純資産とは会社がもし解散するとなったときの配分されるであろう純資産でもあります。
ですので、1株あたりの純資産とは解散したときに理論的には株主に配分されるであろう資産を1株当たりに直したものとなります。

この2つを使いPBRを求める式は次のようになります。

PBR(株価収益率)=「株価」÷「1株あたりの純資産」

つまり、PBRというのは、現在の株価が「1株あたりの純資産」の何倍まで買われているかを求めているということになるのですが、1倍を下回るということは、

1株あたりの純資産(解散したときに配分されるであろう資産額) > 株価

ということになりますので、PBRが1倍を下回るということは、会社の資産より株価の方が安いということであり、株を買うことで株価よりも多くの資産を手にできることになります。

例えば
現在の株価・・・400円
1株あたりの純資産・・・500円
の場合のPBRは以下のように求めます。

400円÷500円=0.8
(現在の株価)÷(1株あたりの純資産)=PBR

というわけでPBRは0.8倍となります。

以上から分かるように、

株価が上がればPBRも上昇し、逆に株価が下がればPBRは下がります。
また1株あたりの純資産が増えればPBRは下がり、逆に減ればPBRは上がります。

PBR1倍割れは先ほど説明したように、会社の純資産額より株価の方が安いということであり、株を買うことで株価よりも多くの資産を手に入れることが出来ます。

上の計算では、PBRは0.8倍と1倍を下回っています。400円を出して1株買えば、もれなく1株あたりの資産(会社が解散したときにもらえるであろう理論額)である500円の資産を手に入れることが出来ます。

というわけで、PBRが1倍を下回っているということは、会社の価値以下で株価が取引されてるということで割安であると判断される傾向があります。

さらに、その会社の資産が現金にしやすいものが多く(または現金比率が高い)、PBRが1倍を大きく下回れば下回るほど、企業買収の対象になってきます。

株価が会社の価値以下であるなら(PBRが1倍以下であるなら)、その企業の株を買占め、会社を解散し清算させるだけで利益が出るという理由からです。

さらに、資産の現金比率が高かったり、換金しやすい資産の割合が多ければ、資産の整理もしやすくなおさら買収の対象になりやすいと思われます。

ですので、PBRが1倍を大きく下回るほど株価は割安であると考えることができます。

ただ、PBRというのは一番最近の決算から求められた純資産を用いて計算するので、わずかな期間ですが過去の数値になってしまいます。

今現在の純資産額ではないということで、決算から今までの間に資産を大きく減少させる事案が発生している可能性もありますし、ここ最近毎年赤字という会社なら年々資産学は減少することになりますので、株価が一定なら毎年PBRは上昇していくことになります。

また、新興市場などの伸び盛りの若い会社などはPBRが高くなりやすいです。

もし自分が会社を設立することを想像してみたら分かると思います。初めは少ない自己資産で始めざるを得ませんし、足りない資金は銀行から借り入れるはずです。

このように大企業と比べ設立して間もない会社などは負債の比率が高く自己資産(純資産)の比率が低い場合が多く、純資産が少ないのでPBRが高くなる傾向があります。(その後軌道に乗り出すと毎年資産も増えてPBRもゆっくり低下していきます)

さらに注意点としては、先ほど説明したように、純資産も換金しやすいものであるならいいのですが、不動産などの換金しにくいものは、今すぐに換金するのなら評価額よりも低い価格で売らざるを得ないでしょう。

また、その企業が保有している株なども個人と比べるとその株数もかなり多くなるでしょうから、多くの株を売ろうとすれば株価の下落を招きますので、結果的にはそのときの株価よりも低い価格で売却することになるでしょう。

というわけで、換金性の低い資産は実際急いで換金することになれば評価額よりも換金できる金額は少なくなる可能性があります。 ですので、「純資産額」>「純資産を実際換金した場合の金額」となり、換金性の低い資産を多く持つ企業の資産は低めに見積もる必要が出てきます。

基本的には、PBRが1倍を下回る水準で株価が放置されている場合、割安であると判断できますが、上記のような点も注意しておかなければいけないのも事実です。

間違って分けありの会社の株を買わないためにも、なぜこの会社はPBR1倍以下のままなのか?と疑問を持ち調べることも必要だということですね。

まとめ

1.PBRはピービーアールと読み、株価純資産倍率と訳します。

2.株価が割高か割安かを判断する指標であり、PERと並び最も有名で最も利用される指標の1つです。

3.PBR(株価純資産倍率)=「株価」÷「1株あたりの純資産)」

4.PBRというのは、現在の株価が「1株あたりの純資産」の何倍まで買われているかを表しています。

5.PBRが1倍を下回る場合は、その会社の1株あたりの純資産より、株価が低い状態ということになります。

6.ということは、理論上では株を買うことで、株価以上の資産を手に入れることができるということになります。

ほとんどの方が次のページも見ています。
PERとは
予想PERとは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で