制度信用取引と一般信用取引の違い


シスヤ
シスヤ
このページでは、信用取引である「制度信用取引」と「一般信用取引」の特徴と違い、上手な使い方を説明していきます

信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類がある

信用取引には次の2種類があります。

「制度信用取引」

「一般信用取引」

制度?一般?

漢字6文字の専門用語ですし、言葉から意味を推測もしにくいですし、制度と一般と言われても違いが全くわかりませんね。

「制度信用取引」と「一般信用取引」の特徴を教科書的な説明をすると次のようになります。

  対象銘柄・返済期限 各証券会社の取り扱い方
制度信用取引 取引所によって決めらる どの証券会社で注文しても同じ銘柄、同じ返済期限となる
一般信用取引 証券会社と利用する投資家との間で自由に決めることができ 証券会社により、扱い銘柄も返済期限も異なる
制度信用では空売りできない銘柄が空売りできる証券会社もある

これじゃ、はっきり言ってわからないと思います。

僕も未だに「制度信用取引」はどっちだったっけ?「一般信用取引」はこっちじゃないのか!と間違ってしまうことがあるので、一回で憶えるのは大変かもしれませんが、もう少し噛み砕いて説明してみるので一度最後まで読んでみて下さい。

「制度信用取引」とは

証券取引所が全てルールを決めているので、どの証券会社で「制度信用取引」を使って取引しても、売買できる銘柄と最長でいつまで持っておけるかという返済期限は同じです。制度信用取引はまさに「制度化された」信用取引です。

ですので、証券会社によって異なるのは、売買手数料と信用取引のための金利・貸株料くらいです。

「一般信用取引」とは

ルールを決めるのは証券会社なので、証券会社により、どの銘柄を一般信用取引として買えるようにするか、空売りできるようにするか、最長でいつまで持っておけるかという返済期限を決めることができるので、証券会社ごとに特色があります。

ちなみに、もともと制度として存在していたのは、証券取引所がルールを決めた制度化された「制度信用取引」です。

その後、その制度化された「制度信用取引」に加え、証券会社の独自で「対象銘柄や保有期限」を自由に決められる制度も作ろうということで、できたのが「一般信用取引」です。

制度信用取引になくて一般信用取引にある便利なこと

証券会社が独自のルールを作れる一般信用取引が登場したおかげで、証券会社間の競争が生まれました。

そのおかげで、一般信用取引は制度信用取引には無い便利なことがあります。

1.上場初日から信用取引で買える銘柄もある

取引所がルールを決める制度化された「制度信用取引」の場合、新規上場した銘柄が信用取引ができる銘柄に指定されるまである程度時間がかかりません。上場初日から信用取引ができるということはまずありません。

一方、証券会社がどの銘柄を信用取引ができる銘柄にするかを決めることができる「一般信用取引」の場合、証券会社によっては上場初日から信用取引ができる買い注文を出せる場合もあります。

2.返済期限が半年以上

「制度信用取引」の場合、新規で買ったり、空売りした日から半年以内に手仕舞い(返済)するルールになっています。

買ってから半年を過ぎると、強制的に自動で手仕舞い(返済)注文を出されます。

一方、証券会社が返済期限を独自に決めることができる「一般信用取引」の場合、返済期限を無期限としている証券会社もいくつもあります。

信用取引で買った場合ずっと金利がかかりますので、一般信用取引のおかげで信用取引を使って期限なしで長期投資ができるといっても金利負担がありますので要注意です。

※なぜ金利が発生するの?
信用取引の仕組みとして、自分のお金を保証金として、証券会社にお金を借りて保証金以上の金額の取引を行えるようにしているので、証券会社にお金を借りて株を買うという仕組み上、買った分だけお金を借りていることになるので金利が発生してしまいます。

3.逆日歩が発生しない

逆日歩とは、空売りをするために発生した株を借りるために支払う品借料のことです。

その逆日歩が「一般信用取引」にはありません。

空売りが少ないときは「制度信用取引」でも逆日歩が発生しません。

しかし、株主優待を上手に取りたいときに空売りする人が増えるように、株を借り出ても売りたい(最後は買って返す)人がたくさん増えると、株を貸せる人より、借りたい人の方が多くなって、株を借りるための品借料(逆日歩)が高騰します。

そのときに逆日歩が発生し、とんでもなく高くなる時があります。

なので、人気の株主優待銘柄の場合、株主優待の価値以上に、逆日歩を支払ってしまったという辛いことも頻繁に起こります。

しかし、一般信用取引の場合、逆日歩が発生しないので、安心して株主優待を取りに行くことができます。

ただし、一般信用取引で空売りをするためには、その証券会社がどこかから株を調達してこないと株を空売りすることができません。つまり、逆日歩うんぬん以前に空売り自体ができない、または早いもの勝ちで少しの人だけ空売りできるなんてことも起こりえます。

信用取引であるもともとあった「制度信用取引」と、証券会社が独自でルールを決められるようになった「一般信用取引」のそれぞれの特徴、そして「制度信用取引」になくて「一般信用取引」にある便利なことをご紹介しましたが、最後に信用取引を行う上での注意点もご紹介します。

信用取引は自分の資金以上の額を売買に使うことができます(これをレバレッジを掛けるといいます)

レバレッジを掛け過ぎてしまうと、ちょっとした下落で想像以上の損失になる場合があります。

100万円の資金でレバレッジを掛けて250万円分の株を1銘柄買ったとします。

その一銘柄が、10%下がっただけで250万円のマイナス10%なので25万円損しますが、元手の100万円から考えると25%資産が減ったことなります。また、40%下がってしまったら元手の100万円がちょうどきれいに無くなります。

信用取引を使うと資金以上の取引ができるため、効率よく資産を増やすことが可能なだけでなく、簡単に資産を溶かしてしまう場合がありません。

まだ、買う余裕があるからという理由ではなく、冷静に信用取引で売買を行いましょう

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で