株ー初心者

ダブルボトムは買いチャンス


ダブルボトムは買いチャンス

ダブルボトムを安値圏、底値圏で見つけたら買いのチャンス!

人より安く買い、高く売りたかったら基本といえるチャートの形は知っておかなくてはいけません。
そうすることで、他の人より早く相場の転換点に気付くことができるようになります。

今回の「ダブルボトム」というのは、相場が下降トレンドから底を打ち上昇トレンドに転換する際にしばしば見られるチャートの形です。

まずは、「ダブルボトム」とはどういう形のチャートなのかを見てみましょう。

ダブルボトム

 

 

 

 

まさにWの文字になっている上の「ダブルボトム」にチャートを見ながら説明していきます。

●下落が続き下降トレンドと言える状態で一度底を打って反発します。

この底を「一番底」と呼びます。

●一番底を打ち反発したものの、売りの圧力が強く跳ね返され再び下落に転じ「二番底」を作りにいきます。

その時跳ね返された価格が「ネックライン」と呼ばれ、次の上昇の際の壁になるいわゆる「抵抗線」になります。

ここで、勘の良い方は気付いたかもしれません

上昇中に跳ね返されたところが「ネックライン」「抵抗線」になるのなら、その直前に付けた「一番底」も「ネックライン」で次の下落の際の壁になる「支持線」になるんじゃないのかと。

まさに、そのとおりで、「ダブルボトル」を作りに行く過程で、「一番底」をつくり反発したものの、頭を打ち再度下落し「二番底」を作りに行く際も「一番底」がネックラインとなり価格をサポートする「支持線」になります。

ですので、「ダブルボトル」を形成する際の「二番底」も「支持線」となる「一番底」を割る前に反発を始めることが多いです。

上の図のように「一番底」で気持ちいいほどちょうどキレイに反発し「二番底」を作る場合もあります。

ただし、

下降トレンドが終わり上昇トレンドに転換するときに出来るダブルボトルですが、以上のように「二番底」を作り2つの谷ができたから「ダブルボトル」が完成というわけではありません。

最後に大切な条件があります。

それをクリアし初めて「ダブルボトル」を形成したということになり、続いていた下落トレンドも上昇トレンドに変換したかもしれないと考えられるようになります。

その最後の大切な条件とは。。。

「一番底」後の上昇で付けた高値である「ネックライン」となっている「抵抗線」を下から上に突き抜けること

「一番底」後の反発でつけた高値を下から上に抜いてようやく「ダブルトップ」の完成です。

上に出ている画像を含めてダブルトップの他の形は次のようなものがあります。

①「一番底」と同じラインで反発し「二番底」を形成したダブルボトルダブルボトム


 

②「一番底」のラインの手前で反発し「二番底」を形成したダブルボトルダブルボトム


 

③反対に「一番底」のネックラインを割り込んで反発し「二番底」を形成したダブルボトルダブルボトム

 

 

 

 


Wを形成するといってもいろんな形がありますね。

そして、ここで問題です

問題

上から1、2、3と3つのチャートの中だとどれが「ダブルボトル」として力強い形になっていると思いますか?強い順に番号をあげて下さい。

正解は。。。

2→1→3

よく考えたら難しくはない問題です。

「ダブルボトル」は下落トレンドが終わり上昇トレンドに転換する際に見られるチャートの形ですので、出来る限りパッと見ても上昇トレンドっぽいものが力強さがあります。

2は「一番底」よりも高い位置で「二番底」を形成して反発しています。

つまり底をつけた安値も徐々に高くなってきているということで、投資家の買い意欲は以前より高くなっていると読むことができます。

様々なチャートを見ると、波のように上げ下げを繰り返しながら動いているのを見ることができます。

ダブルボトムを作って上昇トレンドに転じる場合は、下落と言っても一度目の一番底より二番底の方が低くなく、上げ下げを繰り返しながらも徐々に下げても前ほど下がらない状態のものをチェックするといいでしょう。

さらに気をつけないといけないのがダマシです。

ダブルボトムを付けたからと言って必ず相場が上昇トレンドに転換するとは限りません。

ダブルボトムを形成しネックラインを下から上に力強く突き抜けたものの、買いの力が持続せずまたネックラインを割り込むこともあります。

トレンド転換のように見えて実際はそうじゃなかった。それを「ダマシ」と呼ばれています。

ただ、ダブルボトムは優位性が高いので、ダマシが怖くてネックラインをブレイクしたところで入れなくてチャンスを逃すより、ダマシもあるということを頭の中に入れてだめならすぐ損切りして次のチャンスを待つという心構えでチャンスを逃さないスタンスでいる方がよいでしょう。

ダブルボトムの説明は以上です。次は底ではなく天井を見つける判断材料になるダブルトップは天井のサインをどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で