【株】銘柄によって呼値が違う。同じ株価でも値動きの単位が違うのはなぜ?


シスヤ
シスヤ

株の値動きの単位って株価ごとに決まってるはずなのに、3000円台の銘柄でも5円単位で動く株と1円単位で動く株があるし、500円台の株でも1円単位で動く銘柄と0.1円単位で動く銘柄があるのはなぜなの?

株価が同じ3000円台の銘柄でも5円単位で動く銘柄もあれば、1円単位で動く銘柄もある

上の画像を比べて下さい。

左が証券コード6770のアルプス電気で、右が2914の日本たばこ産業(JT)です。

確かに左のアルプス電気は5円単位ですが右のJTは1円単位ですね。

最初に専門用語の説明ですが、何円単位で動くかその刻み値のことを証券用語で「呼値(呼び値)」といいます。

呼値とは

 

呼値(よびね)

値段の刻み値のこと。
株価に応じて呼び値が決まっていて、例えば株価は3000円台の銘柄の呼び値は5円刻みか、1円刻みになります。
株価が10万円刻み値は100円か50円なので、株価が100,001円になるということはありません。
(株価ごとの呼値一覧表は下部にあります)

通常、呼値は株価水準によって一定で定められているのですが、一部の銘柄だけ呼値が異なっています。

500円台の株でも同じような現象を見ることができます

左の野村ホールディングスは呼値は0.1円単位で、右のマネックス証券は呼値が1円単位になっています。

2013年までは呼び値は1通りだった

このページの後半に株価水準ごとの「呼値一覧表」を置いていますが、2013年までは3000円以上ならどの銘柄も呼び値は5円単位、5000円以上は10円単位というように、銘柄によって呼び値の違いはありませんでした。

【2013年までの呼値の単位】

1株の値段 呼び値の単位
1,000円以下   1円
1,000円超 3,000円以下 1円
3,000円超 5,000円以下 5円
5,000円超 10,000円以下 10円
1万円超 3万円以下 10円
3万円超 5万円以下 50円
5万円超 10万円以下 100円
10万円超 30万円以下 100円
30万円超 50万円以下 500円
50万円超 100万円以下 1,000円
100万円超 300万円以下 1,000円
300万円超 500万円以下 5,000円
500万円超 1000万以下 10,000円
1000万円超 3000万以下 10,000円
3000万円超 5000万万円以下 50,000円
5000万円超   100,000円

2014年1月14日より呼び値が2通りになった

しかし、2014年1月14日より、「TOPIX100構成銘柄」のみ呼値の単位が縮小されました。

TOPIX100

TOPIX100構成銘柄とは、東証一部銘柄の中から時価総額と流動性(売買高)が高い100銘柄で構成された指数のことをいいます。
東証一部全銘柄の時価総額の総額の約60%を占めています。

ということで、TOPIX100構成銘柄とその他の銘柄では呼値である値動きの刻み値が異なります。

下の表が、通常の銘柄とTOPIX100構成銘柄の「呼値一覧表」です。

1株の値段 呼び値の単位
通常の銘柄 TOPIX100構成銘柄
1,000円以下   1円 0.1円
1,000円超 3,000円以下 1円 0.5円
3,000円超 5,000円以下 5円 1円
5,000円超 10,000円以下 10円 1円
1万円超 3万円以下 10円 5円
3万円超 5万円以下 50円 10円
5万円超 10万円以下 100円 10円
10万円超 30万円以下 100円 50円
30万円超 50万円以下 500円 100円
50万円超 100万円以下 1,000円 100円
100万円超 300万円以下 1,000円 500円
300万円超 500万円以下 5,000円 1,000円
500万円超 1000万以下 10,000円 1,000円
1000万円超 3000万以下 10,000円 5,000円
3000万円超 5000万万円以下 50,000円 10,000円
5000万円超   100,000円 10,000円

なぜTOPIX100構成銘柄だけ呼値が縮小された理由

東京証券取引所は、時価総額と流動性が高いTOPIX100構成銘柄の呼値を細かい単位にした理由を以下ように説明しています。

呼値短縮の理由

1.約定価格の改善
2.指値注文時の値段の選択肢の広がりによる板での順番待ちの緩和
3.それらにより投資家の利便性を向上させるため

みずほのように200円前後の株価の銘柄が1円単位だと、1円動くだけで0.5%動くことになります(株価が200円の場合)

200円で買った銘柄は201円で売らないと利益は出ません。

大量の資金で細かく売買し利益を出そうとする機関投資家にとっては、しかし呼値が1円から0.1円になれば、200円で買ったものは200.1円で売れたら利益がでます。

また、1円単位のときより0.1円単位の方が指値の注文も分散されます。

1円単位のときは200円で買いたい人は200円の注文に集まっていたけれども、0.1円単にになると、200円で注文を出していた人の一部は199.9円や200.1円など違う指値で注文することが予想され、約定機会の増加によりさらなる流動化の増加を期待することができます。

呼値の短縮の影響は個人投資家にもあります。

特に、1日の取引時間内で取引を完結させるデイトレーダーや、保有時間が長くて数分程度のスキャルパーと呼ばれる個人のトレーダーへの影響は大きかったと思われます。

手数料無料の一日信用を使えば細かく利益を出せる

最近では、買ったその日のうちに返済をしたら手数料や金利が無料になる「一日信用」というサービスを松井証券楽天証券が提供しています。

手数料面でも、呼値の短縮面でもデイトレーダーやスキャルパーを中心に個人投資家にとっても利便性が格段に向上しています。

松井証券の一日信用の詳細はこちら

楽天証券の一日信用の詳細はこちら

あわせて読みたい
ストップ高とストップ安その1ストップ高とストップ安その1 株価の急激な変動は、市場の混乱を招くとともに投資家に予想外の損害を与える可能性があります。 それら...
あわせて読みたい
ストップ高とストップ安 制限値幅の拡大とは 値幅拡大の基準・条件 ストップ高とストップ安その2制限値幅の拡大 株価の急激な変動は、市場の混乱を招くとともに投資家に予想外の損害を与える可能性があ...

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で