【完全比較・日経225先物手数料】投資歴20年京大卒元証券マンが徹底比較


日経225先物を頻繁に売買する人にとってラージ1枚で50円の手数料の差は、売り買い往復で100円の差が、ミニ1枚で10円の手数料差は往復で20円、10枚だと往復で200円の差になります。

これは1ヶ月、1年単位で見ると見過ごすことはできない大きな金額になってきます。

節約できた手数料分はそのまま損益を向上させますので、同じ注文をするなら手数料が安いことに越したことはありません。

手数料の高いところでも、とにかくネットで注文できる証券会社はすべて調べ、一覧表まとめてみましたので参考にして頂けたらと思います。

※ラージの手数料の低い順に並べています。

日経225先物ミニの手数料比較もやってます→日経225先物ミニ手数料徹底比較

日経225先物手数料一覧

証券会社名日経平均225先物
(ラージ)
日経225先物
ミニ
口座開設
済み
キャン
ペーン
ライブスター証券
キャンペーン中!
0円0円 ○1
ライブスター証券 191円33円 ○1
松井証券 一日先物150円25円 
松井証券 通常200円35円 
日産証券(ロスカットあり)210円28円 
立花証券225円25円× 
日産証券(ロスカットなし)230円33円 
安藤証券240円40円× 
楽天証券250円35円 ○2
SBI証券250円35円○4 
マネックス証券250円35円 
岩井コスモ証券250円50円× 
GMOクリック証券 259.25円36.11円 
カブドットコム証券300円38円 
岡三オンライン証券300円40円○3
フィリップ証券300円39.8円× 
エイチ・エス証券300円40円× 
大和証券380円46円 
むさし証券500円50円 
ゆたか証券800円80円× 

【キャンペーン】
○1【ライブスター証券】株式・先物手数料が2か月間0円【無料】
○2(楽天証券)新規証券口座開設キャンペーン中
○3(岡三オンライン証券)口座開設月の翌々月末までの新規建て手数料全額返金
○4(SBI証券)新規証券口座開設キャンペーン中

2019年に手数料を引き下げたライブスター証券の手数料の安さが際立っています。

2019年8月
楽天証券SBI証券マネックス証券の3社が同時にミニ1枚35円、ラージ1枚250円に引き下げました。

2019年9月
松井証券が通常コースの手数料をラージ300円→200円、ミニ40円→35円へ。一日先物コースの手数料をラージ250円から150円、ミニを25円に引き下げました。

2019年10月
ライブスター証券ラージ191円、ミニ33円に値下げでついにラージの手数料が100円代の時代に突入しました。さらにライブスター証券は先物口座開設後40営業日(約2ヶ月)取引手数料が無料のキャンペーンも実施中。

ライブスター証券は株の現物取引、信用手数料でも業界最安値。

しかも、現物口座、信用口座、先物口座、それぞれ口座開設後40営業日(約2ヶ月)取引手数料が完全無料というキャンペーンをずっと行っており、中上級者だけでなく初心者にも真っ先におすすめしたい証券会社です。

【主要証券会社の現物取引の手数料一覧】

【主要証券会社の信用取引の手数料一覧】

ライブスター証券公式ページ

デイトレ用の一日先物は更に手数料がお得

そんな中、さらに手数料の安い「一日先物」「アクティブ口座」なるものも登場しています。「一日先物」「アクティブ口座」というのは証券会社ごとに呼び名は違いますが内容は同じで、次のセクションに持ち越すことができないデイトレ専用取引の手数料体系です。

ここで出てきたセクションについてまずは説明します。日経平均先物とTOPIX先物の取引時間は現在、「2セクション制」といって日中と夜間の2つの時間に分けて取引が行われています。

【2つのセクション】
・日中・・・8時45分~15時15分
・夜間・・・16時30分~翌朝5時30分

一日先物」「アクティブ口座」というのは、「保有期間がそのセクションに限定されている」代わりに、手数料と必要な証拠金が通常の口座よりも低く設定されているサービスです。

保有期間がそのセクションに限定されている」というのを具体的にいうと、例えば、「日中」のセクションで新規に購入したものは、その日中セクションが終わる15時15分までに手仕舞いする必要があります。

もし、「返済注文を出さなかったり」、「返済注文が約定しなかった場合」、15時15分の市場での最終の取引で自動的で注文を出され売却され、次のセッションである夜間に持ち越すことはできません。
※もし、15時15分に売買が成立しなかった場合、次のセッション(この場合16時半からの夜間)で証券会社が強制売買します。

数分単位での細かいデイトレをするつもりがないけど、長くは保有したくなく次のセクションには持ち越したくないという場合にはとても利用価値の高いサービスですね。

そんな便利なサービスなのに、手数料が低く抑えられているというのは非常にありがたいですね。

現在、「一日先物」「アクティブコース」を提供しているのは以下の4社です。

証券会社名日経平均225先物
(ラージ)
日経225先物
ミニ
口座開設
済み
キャン
ペーン
松井証券 一日先物150円25円 
日産証券 アクティブコース200円23円 
岡三オンライン証券 アクティブ先物取引250円25円○1
SBI証券 HYPER先物250円35円○2

【キャンペーン】
○1(岡三オンライン証券)口座開設月の翌々月末までの新規建て手数料全額返金
○2(SBI証券)新規証券口座開設キャンペーン中

SBI証券は、通常より少ない証拠金で売買できるという点は他の3社と同じですが、手数料は通常コースと変わらず高めの設定でした。

しかし、他の3社の手数料を通常コースと比較すると、もともと低い手数料がさらに低くなっているのがわかります。

証券会社名日経平均225先物 (ラージ)日経225先物 ミニ
通常コースアクティブ
コース
通常コースアクティブ
コース
松井証券 一日先物200円150円35円25円
日産証券 アクティブコース230円200円33円23円
岡三オンライン証券
アクティブ先物取引
300円250円40円25円
SBI証券400円400円40円40円

どの切り口で見ても松井証券の手数料の低さが際立っていますね。

まとめ

手数料で考えると、先物取引、株の現物取引、信用取引で手数料業界最安値の3冠を取っているライブスター証券で問題なし。しかも口座開設後40営業日手数料が完全無料という強烈なキャンペーンも実施中なので、他を選ぶ理由がありません。

ただし、デイトレードしかしないという人には、持ち越しはできないけれど、その分手数料が安い松井証券 一日先物がおすすめです。

各分野で手数料最安値でもちろん総合力でもトップのライブスター証券か、使う人を選ぶもののデイトレード専門の人が最安値で使える松井証券 一日先物かこのどちらかで間違いないでしょう

ライブスター証券公式ページ

松井証券公式ページ

【日経225先物ミニ手数料】投資歴20年京大卒元証券マンが徹底比較日経225先物を頻繁に売買する人にとってラージ1枚で50円の手数料の差は、売り買い往復で100円の差が、ミニ1枚で10円の手数料差は往復...
松井証券、SBI証券の「一日先物」「アクティブ口座」は手数料が激安。欠点も理解すれば最高の武器になる日経225先物を頻繁に売買する人にとってラージ1枚で50円の手数料の差は結構大きいです。 売り買い往復で100円の差しかありませんが、...

ライブスター証券・・・手数料最安値証券会社。口座開設後約2ヶ月(40営業日)の間、現物・信用・先物オプションの手数料が無料になります

楽天証券・・・管理人が10年以上愛用しているマーケットスピードは絶対のおすすめ。口座開設しておくべき証券会社です。

SMBC日興証券・・・だれでもいつでも信用取引の手数料が無料です。

SBI証券・・・口座開設数ネット証券No.1 業界トップの証券会社です。