株ーシステムトレード

株のシステムトレーダーのレベルがどんどん上ってる。引退まで残された時間は少ないかも


株のシステムトレーダーのレベルが以前より格段に上がっていると感じることが多くなりました。

スポーツの世界でも芸術の世界でもどの分野でも、年々レベルが上っていくのは当たり前なんですけど、自分の分野でそれを目の当たりにすると、当たり前のことと受け入れることができず、猛烈に危機感が湧いてくるんですよね。

ただ、今のところ危機感を感じるのは、売買ルールを作る能力だけです。

システムトレードにおいて、良い売買ルールを作るのは勝つための必要条件ですけど、良い売買ルールがあれば勝てるというわけではありません。

この辺の理解の深さは経験の量に比例すると思います。

通じる人には通じるし、通じない人は理解はしてもらえない。そんな感じだと思います。

良い売買ルールを作る能力のあっても、まだトレードを始めたばかりのような人も見受けられ、上から目線になってしまいますが、自分のトレード感基準だとトレードのトの字もまだ分かっていないなと思うことが多いです。

ですので、自分が持つ危機感というのはシステムトレード運用の一部分である、売買ルール作成能力だけであって、トータルのシステムトレード力はまだなんとか現場でもやっていけるのではないかと思っています。

でも、トレードのトの字もまだあまり分かっていないかもと思われる能力のある人たちが、退場せず今後失敗を積み重ね、教訓を得て成長したときは自分が引退するときだろうとも感じるわけです。

本を読んだりネットサーフィンなど机上で学べることや、検証するだけではわからないことがシステムトレードにはあります。

実際売買をして経験をして失敗をしないとわからないことがたくさんあります。

良い売買ルールを持っていても、使う人の器や心構え次第で、最高の武器にもなるし、自分を傷付けるだけのものにもなりえます。

「分かる」と「できる」は別次元

器や心構えは、実践での失敗からでないと学べない部分があります。

だからこそ、自分にもこのシステムトレードの分野でまだやっていける時間が残されているわけですが、焦って近道をしようとすると結果的に遠回りになり、遠回りをしているように見えて実はそれが近道である場合も多いこの世界。

焦ったり欲を出して近道をしようとして無駄に遠回りをしてしまう時間は自分にはないなと、能力がある人を目の当たりにして感じるこの頃です。

私シスヤはシステムトレードソフト イザナミを使って毎日トレードしています。

【大注目・過去最高のおすすめ】現物取引の手数料が最大半年無料&信用取引は1年間無料【立花証券ストックハウス】


ライブスター証券・・・手数料最安値証券会社。口座開設後約2ヶ月(40営業日)の間、現物・信用・先物オプションの手数料が無料になります

楽天証券・・・管理人が10年以上愛用しているマーケットスピードは絶対のおすすめ。口座開設しておくべき証券会社です。

SMBC日興証券・・・だれでもいつでも信用取引の手数料が無料です。

SBI証券・・・口座開設数ネット証券No.1 業界トップの証券会社です。