株ーシステムトレード

【検証】投資資金50万、100万円、200万円、300万円、500万円からのシストレ


株式投資を始めようとする人でいきなり何千万からスタートする人はそう多くないと思います。

ほとんどの人が少額から始めるはずです。

今投資で何億と資産を築いた人でも初めは数十万から数百万円から始めた人がほとんどです。

ということで、気合い入れたら貯められる現実的な資金として、投資に回せる資金が50万~500万円だったら、僕の自作システムならどう投資するかを、愛用しているシステムトレード検証ソフト「イザナミ」を使って検証してみたいと思います。

できるだけ、専門用語を使わず説明していけるよう心がけます。

今回の検証は50万から500万円としていますが、検証結果を見てもらったら分かるように、資金は200万円以上はないと効率が落ちるのにリスクが高くなります。

200万円までは、節約や副業で稼ぐ方がかなり効率がいいので、自分なら資金が200万円以下しかなかったら、節約と副業による収入アップに全力を尽くすと思います。

ルールと条件

ルール

・資金の3.3倍まで投資でき、上がったら損し、下がったら儲けになる空売りが使える信用取引を使います

・儲かったお金を運用に回す「複利運用」ではなく「単利運用」なので、資産が増えても当初資金以上の資金は使いません

・検証結果と現実の売買とでは、結果の乖離の幅が大きくなる可能性がある逆指値は使いません

・逆指値と同じ理由で、直近の出来高のほんの僅かしか仕掛けられないように設定しています

・倒産等で上場廃止が決定した時点でその銘柄は売買しないようにしています

・期間は2007年1月1日から、2018年7月30日までの11年7ヶ月にしています

税金は考慮されていません。現実は株の利益には20.315%の税金がかかります

投資資金50万円の場合

総利益と利益率


11年7ヶ月で50万円→2859万円と5.7倍と爆増しているので利益率だけでみると最高ですが、この資金では運用は厳しい印象があります。理由は下の年度別損益表に記載しています。

年度別損益表


年間利益のばらつきが多いです。

また最大ドローダウン(資産のピークから最大でいくら減ったか)が28.4万と資金の割りにかなり高いです。

2012年のように最大ドローダウンが11.9万円で、年間利益が6,000円という状態で翌年も変わらずこのシステムポートフォリオで運用できるかどうか微妙なところです。

個人的には資金200~300万円貯まるまでは、節約や副収入を得ることに全力を尽くした方が効率的だと思ってます

投資資金100万円の場合

総利益と利益率


11年7ヶ月で100万円→2879万と28,7倍になっています。

資金増加速度としては文句ないと思いますが、年度ごとの成績やドローダウンも見ていきましょう。

年度別損益表


資金100万での単利運用にも関わらず年2倍、3倍は当たり前で利益に関しては文句なしですが、ドローダウンを見るとリスクを取りすぎている印象です。

本業の収入、家族構成などにもよりますが、100万円しか運用に使わないとしても手元に300万円くらいは置いておきたいシステムポートフォリオのような感想です。

投資資金200万円の場合

総利益と利益率


11年7ヶ月で200万が6124万、30.6倍になっています。こちらも利益率は十分すぎます。

年度別損益表



200万の単利運用で、年2,3倍になるのは当たり前で2016年は980万円のプラスと8桁目前ですが、ドローダウンが大きいので、本業の収入、家族構成などにもよりますが、こちらも手元に500万円は置いておける状態で挑みたいシステムポートフォリオです。

投資資金300万円の場合

総利益と利益率


11年7ヶ月で300万→8712万、29倍になっています。300万円での運用でも文句のない利益率です。

年度別損益表

 


300万円での運用でも、年2倍3倍は当たり前で、単利の300万の信用取引にも関わらずで16年は1500万稼いでいます。

ただ、まだドローダウンが大きめなので、500万円は手元において運用したいシステムポートフォリオでですね。

投資資金500万円の場合

総利益と利益率


11年7ヶ月で500万→1億2092万と24倍になっています。12年目で億乗せです。

年度別損益表


単利なので、いくら資金が増えても最大で500万の信用取引額にも関わらず、年間8桁以上稼ぐ年が半数あり16年は1900万の利益です。

ただ、ドローダウンもことを考えると750万以上の資金で取り組みたいシステムポートフォリオです

投資成績を上げるために手数料もしっかり節約する

売買回数が多いシステムほど、手数料の影響は大きくなります。

少しでも手数料が安い証券会社に変えることで成績が大きく変わる場合もありますので、しっかり比較検討しないといけないと考えています。

信用取引を使うなら、

SMBC日興証券信用取引手数料が完全無料です。

SMBC日興証券のHPはこちら

また、仕掛けた日に返済をするのなら信用取引の売買手数料が無料になる「いちにち信用」というサービスを行っている楽天証券松井証券がおすすめです(僕も使っています)

楽天証券のHPはこちら

松井証券のHPはこちら

まとめ

今回は、株投資未経験者、初心者向けのざっくりとした紹介になりましたが、資産運用の魅力の一部は伝えられたかなと思います。

自分が経験し恩恵を受けていることもあり、ある程度の資金を貯めることができたら、経済的自由、時間的自由を手に入れるためチャレンジしろと僕の子供には言いたいと思っています。

今の時代、会社や国を頼るのは自殺行為に等しいと思っているので、お金を稼ぐことについては今まで以上に自分の力で何とかできることが求められると思っています。

言い換えれば看板や肩書が無くなっても「自分で稼ぐ力」が今まで以上に必要になってくるだろうと思います。

僕はこのシステムトレードのおかげで、経済的自由と時間的自由を今のところ手に入れることができています。

関連記事:オーストラリアや沖縄に移住した僕が住める場所を自分たちで決められるわけ。株とシストレと私

あわせて読みたい
投資でセミリタイア。オーストラリアや沖縄に移住した僕が住める場所を自分たちで決められるわけ僕は株式投資の中でもシステムトレードというトレード方法で資産を運用しています。 システムトレードを行うためには自作プログラムや市販...

ただ、今回の検証結果も含めて、株をやったことのない人に「やれば誰でもバラ色の未来が待っているよ」と煽っているわけではありません。

情熱を持って本気で取り組まないと簡単に身ぐるみを剥がされてしまうとても厳しい世界です。

関連記事:株式市場は世界で最も激しい戦場のうちの1つだ

あわせて読みたい
株式市場は世界で最も激しい戦場のうちの1つだ株式市場は世界で最も激しい戦場のうちの1つだ 株式投資は成人であればだれでもできます。 証券口座を開いてお金さえ入金できたら誰でも投...

でも、熱い情熱と覚悟があれば、チャレンジしがいのある世界だと思います。

だからこそ、僕のtwitterやブログが自由を手に入れるきっかけになったら嬉しいと思っています。

ただ、検証結果の通り、僕のシステムの場合、ある程度の資金は必要でというかあった方が効率的で有利です。

200万円か300万円はないと厳しいです。

厳しい言い方になりますが、現実問題として200万円の資金を貯めることができない人は投資はしない方がいいとも思います。

徹底した節約、みんなが遊んでいたり、テレビを見ていたら、スマホゲームをしたりゴロゴロしてる間、自分は自分の成長や収入アップのために努力すれば200万円を貯めることは難しことではないと思います。

投資を始めたら、成功するためには何かを捨てる(楽しいことや趣味などを犠牲にする)必要性が出てきます。

好きこそものの上手なれですので、興味があって情熱を打ち込める人なら面白い世界だと思います。

僕が愛用しているシストレ検証ソフトイザナミは無料で使ってみることができます。興味のある方は公式ページからお試しの申込をして下さい。無料で延長もできるみたいです。

イザナミのサイトはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

ブログ以外もやってます!よかったらフォローして下さい

twitter

フェイスブック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で