投資でセミリタイア。オーストラリアや沖縄に移住した僕が住める場所を自分たちで決められるわけ


僕は株式投資の中でもシステムトレードというトレード方法で資産を運用しています。

システムトレードとは

投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法を指す和製英語。
通常コンピュータに行わせる非裁量トレードの事を言う。
略して「シストレ」
システムトレードをする人のことを『システムトレーダー』と称する。
※wikipediaより

システムトレードを行うためには自作プログラムや市販ソフトを利用するわけですが、僕はプログラミングの知識は全くないので市販ソフトを使っています。

使っている市販ソフトとは「イザナミ」です。

有料のシストレソフトの中ではイザナミは有名だと思います。

株システムトレードソフトイザナミ

いつから使い始めたかはわかりませんが、パソコンのイザナミフォルダの中に残ってる一番古いのがファイルが2011年10月なので、少なくともその頃から使い始めているんだと思います。

イザナミを使い始める前までは「Omega Chart」という無料のシストレ検証ソフトとエクセルを使っていました。

なので、シストレ自体いつから始めたかの記憶も無いのですが、少なくとも2006年には始めていたと思います。

話しを現在使用しているシストレソフト「イザナミ」に戻します。

イザナミと出会ったとき、僕はとんでもなく衝撃を受けました。

イザナミ」の詳しい機能紹介までするとかなり長くなってしまうので省略しますが、付いている機能が素晴らしすぎて、無料のシストレソフトとエクセルでやっていた僕からすると20年くらい未来にワープした気分でした。

イザナミ」に出会ったおかげでシストレの戦略の開発や、資金管理のルール作りなどがすごくはかどり、家族4人でオーストラリアのゴールドコーストに移り住み、現地で車を買い、銀行口座を開き、免許証を取り、家を借りて家具一式を買い揃えて、救急車にも乗ったり、現地で永住している日本人ともたくさん友達になったり、子どもたちを現地の小学校と幼稚園に通わせたりとても貴重な経験ができました。

ゴールドコーストから帰国すると決めたときも、日本のどこに住むかを自分たちで決めることができ、ゴールドコーストのように冬がない沖縄を選ぶことができたのも、システムトレードと知り合い、2011年にシストレソフトイザナミと出会ったおかげです。


資産が減るリスクがあるので、むやみにおすすめすることはできないけど、分析が好きで凝り性で数字も好きで、仮設を立てて検証をして結果を分析して改善できるなら投資の世界はチャレンジしがいのある世界だと思うなー。

特に、失敗してもそれを教訓にしてやり直せるチャンスがたくさんある若い人には。

そうでなくても、昔より、国や企業に頼よって生きていくのはかなり危険で、自分の力で稼いでいかないといけない時代になってきてるから。

日本や会社が沈没するときは自分も沈没しても良いって思っているならそれでいいんだけど、そんなの嫌だと思うなら、自分の力で自分や家族を何とか守れる力は手に入れないといけない時代なのかもしれない。

ただ、投資をするにしても仕事をやるつもりで真剣に取り組まないといけないのには代わりはないです。

で、そこに情熱があれば最高。

仕事でもやらされてやるより、やらなきゃいけないからやるより、好きでそれに情熱を打ち込める人の方がはるかに成長が早いですよね。

好きこそものの上手なれという言葉があるように

好きに勝るものはないです。

「努力は天才に勝り、情熱は努力に勝る」

これは間違いないです。

みんな全員が結果を残せる世界ではないですし、僕自身も半年後どうなっているかわからない世界ですが、情熱があってチャレンジの意欲に満ちてる人がいるならやりがいのある世界かなと思います。

イザナミは無料で使ってみることができます。興味のある方は公式ページからお試しの申込をして下さい。無料で延長もできるみたいです。

イザナミのサイトはこちら

いつもランキングクリックありがとうございます。 
もしよければ今日も下のランキングをポチっとよろしくお願いしますm(__)m

 にほんブログ村 株ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で