株ー世界のマーケット

今週の世界の主要株式指数&アメリカ国債の動き 2018/7/27


2018年7月27日(金)

市場名先週末終値 今週末終値 先週末比
日本市場
日経22522697.922712.75+0.07%
TOPIX1744.981775.76+1.76%
ジャスダックインデックス167.94168.83+0.53%
マザーズ指数1048.091058.15+0.96%
アメリカ市場
NYダウ25058.125451.06+1.57%
ナスダック総合 7820.27737.42-1.06%
S&P5002801.832818.82+0.61%
アジア市場
香港ハンセン28224.528804.27+2.05%
上海総合2829.192873.59+1.57%
韓国総合2289.192294.99+0.25%
インド・ムンバイSENSEX3036496.437336.85+2.30%
インドネシア総合5872.785989.14+1.98%
ヨーロッパ市場   
イギリスFTSE1007678.797701.31+0.29%
フランスCAC405398.325511.76+2.10%
ドイツDAX12561.412860.4+2.38%
アメリカ国債   
アメリカ5年物国債2.7682.846+2.82%
アメリカ10年物国債2.8952.960+2.25%
アメリカ30年物国債3.0313.088+1.88%
為替
ドル円111.416111.021-0.35%
ユーロ円130.59129.48-0.85%
ユーロドル1.17181.1659-0.50%
商品
1231.91232.6+0.06%
原油70.3169.04-1.81%

先週全体的に世界の株式市場が堅調だった中で弱含んでいたアジア市場が大幅反発。

日本市場は今週も続伸したものの、来週30、31日に開かれる日銀政策決定会合で年間6兆円のETFの買い入れ枠が減額、マイナス金利の解除の可能性が意識され上値が重い展開。

アメリカはフェイスブックの急落によりナスダックは1%を超える下げ。NYダウ、S&P500は堅調。

来週は日本は30-31日に日銀政策決定会合に、アメリカは7/31-8/1にFOMC開かれ、3日に7月雇用統計の発表がある。黒田総裁の会見と7月雇用統計で米中貿易摩擦の影響がどの程度ているか注目される

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で